rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

11 7月

JTFジャーナル(2016年7・8月号)に記事掲載

日本翻訳連盟が発行しているJTFジャーナルの最新号(2016年7・8月号)に私の連載記事が掲載されています。
PDFファイルへのリンクはこちら:
http://journal.jtf.jp/files/user/pdf/JTFjournal284_2016Jul.pdf

記事タイトルは”翻訳の「品質」とは(2)”で、22ページからです。
前回紹介したGarvinの5分類は関係がごちゃごちゃしていて分かりにくいので、図に整理してみました。さらに、ビジネスの場面では「生産ベース」を使うべきだという主張をしています。

JTFJ_284
4 7月

翻訳品質の評価方法に関する業界アンケートを実施中(〜7/27)

翻訳品質の評価方法に関して業界アンケートを実施しています。7月15日27日までです。

今回対象としているのは、翻訳会社(ベンダー、受注者)とクライアント企業(バイヤー、発注者)です。
日本翻訳連盟(JTF)が実施していますが、JTFの会員でなくても構いません。
また、一社で複数の方に回答していただいても問題ありません。

ご回答いただいた方には、調査結果をお送りします。

以下のURLからアクセスし、是非ご回答ください!
  http://bit.ly/jtf2016survey

JTF_QE_survey
31 5月

AAMT機械翻訳フェア2016で講演

AAMT(アジア太平洋機械翻訳協会)の機械翻訳フェア2016で講演をさせていただくことになりました。

・開催日:2016年6月17日(金)
・場所: ホテルアジュール竹芝 16階 曙の間

参加申し込みの締め切りは6/15(水)のようです。
プログラムなど詳しくは以下のURLをご覧ください。
http://www.aamt.info/japanese/act/event/soukai2016.php

私の講演タイトルは「翻訳品質とTAUS DQF」です。
Garvinの品質5分類の説明、その翻訳業界における活かし方、さらに新しい評価手法としてDQFの紹介、といった内容です。

プログラムを見ると、長尾真先生や翻訳センターの東社長が記念講演をされるようです。

以上です。

aamt
RSS フィード
記事検索
過去の記事
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者/コンサルタント。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所代表社員。ソフトウェアのインターナショナリゼーションやローカリゼーションが専門。

プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
Twitterアカウント
著書
アプリケーションをつくる英語

紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
【第4回ブクログ大賞受賞】