rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

31 3月

グローバル英語のスタイル(19):前置詞句が何を修飾しているか明確にする

「グローバル英語のスタイル(18)」では、only と not は修飾する部分の直前に置くというルールについて書いた。これとは逆に、前置詞句は修飾する部分の後ろに置く。ただし直後に来るとは限らないため、曖昧さが発生することがある。
例えば Style Guide では次の例を挙げている。
Enter text that you want to appear at the top of the window.

at の前置詞句が Enter を修飾している場合、「ウィンドウの最上部に入力する」と解釈できる。逆に to appear を修飾している場合、「ウィンドウの最上部に表示される」と解釈できる。どちらにも解釈できるため曖昧である。
特にソフトウェアのユーザー インターフェイスを翻訳する場合、実際にソフトウェアが手元になければ、確認できないため誤訳につながってしまう。

前置詞句で曖昧さに対処するには、次のような方法がある。

A. 前置詞句が of で始まる場合
前置詞句が of で始まる場合、曖昧になることはまずない。of の直前の名詞句を修飾している。そのため、何もする必要はない。
Style Guide の例:
For a text version of this Web site, go to text.uchicago.edu.

B. 前置詞句が動詞句を修飾している場合、移動を検討する
動詞句と前置詞句の間に名詞が入る場合、どちらにかかるか曖昧になる可能性がある。この場合、次のように対処できる。

・前置詞句を文頭に移動する
Style Guide では次の例で説明している。
× Only 17 characters are available for the table name on a standard table label.
On a standard table label, only 17 characters are available for the table name.
(参考訳:標準の表ラベルでは、表名に使えるのは 17 文字だけです。)

前者の場合、on で始まる前置詞句がどちらを修飾しているのか分からない。しかし、後者のように文頭に移動させることで、are available を修飾していることが明確になる。

・修飾している動詞の近くに前置詞句を移動する
Style Guide の例を引用する。
× The server enables a client user to share data across platform with other users.
○ The server enables a client user to share data with other users across platform.
(参考訳:このサーバーにより、クライアントのユーザーはプラットフォーム間で他のユーザーとデータを共有できる。)

with で始まる前置詞句を to share の近くに移動させることで、share を修飾していることが明確になる。

B. 前置詞句が名詞句を修飾している場合、関係詞節への変換を検討する
上記 A と同様、前置詞句の前に修飾の対象が複数あると、どれを修飾しているのか分からない。そこで前置詞句が名詞句を修飾してる場合、関係詞節へ変換すると曖昧さがなくなる。
Style Guide の例:
× The PRINT statement prints the data in the SPSS file.
○ The PRINT statement prints the data that is in the SPSS file.

前者の場合、in で始まる前置詞句は prints を修飾しているとも data を修飾しているとも解釈できる。しかし後者のように that で関係詞節にすることで、data を修飾していることが明確になる。

C. 必要であれば翻訳者向けの注意書きを付ける
どうしても曖昧さを排除できない場合、何を修飾しているのかという注意書きを付ける。これにより誤訳を減らすことができる。



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「4.2」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る

30 3月

グローバル英語のスタイル(18):only と not は修飾する部分の直前に置く

通常 only と not は修飾する部分の直前に置くようにする。
どこを修飾しているのか不明確な場合、誤読が発生したり、解釈に時間がかかったりといった問題が発生する。

Only
Style Guide では次の例を挙げている。
× Artificial Neural Network forecasting only works in Version 7.0.

この場合、「Artificial Neural Network forecasting はバージョン 7.0 でしか動作しない」にも、「バージョン 7.0 では Artificial Neural Network forecasting しか動作しない」にも解釈できる。もし前者の意味を伝えたいのなら、次のようにする。
○ Artificial Neural Network forecasting works only in Version 7.0.

only はすぐ後ろにある「in Version 7.0」にかかる。

Not
not について、同様に Style Guide の例を挙げる。
× All information requests have not crossed my desk, but quite a few have.
Not all information requests have crossed my desk, but quite a few have.
(参考訳:すべての情報が私のデスクを経由したわけではないが、かなりの量は経由した。)

ここで not は all を修飾し、部分否定の意味になっている。all の直前に not があれば、すぐに部分否定であると分かる。

このように、only と not は修飾する部分の直前に置くと、意味が明確になる。



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「4.1」の内容に該当する。

補足:例文に「only」が表示されていなかった不具合を修正しました(3/30 11:44)

The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る
29 3月

Google Apps Marketplace 解説動画のメモ(2)

前回の続きです。
2 回目は主に Google Apps Marketplace の技術的な側面の続きと、公開までのフロー全体の話です。




00:00
ユーザー認証には「OpenID」を使う。

00:28
マニフェストに OpenID を使うことを宣言する。

00:35
最後の統合ポイントとして、Google Apps 内のデータ アクセスについて話す。
たとえばアプリケーションから、Google Calendar や Gmail のアドレス帳にあるデータを使いたいときにどうすればよいか。

01:28
データは Google のサーバ上にあるが、それは Google が所有しているのではなく、ユーザーが所有している。
アプリケーションが管理者に依頼し、ユーザーが所有するデータをアプリケーションで使用させてもらうようにしなければならない。ただし、提供されるデータは必要なものだけに限る。
ここでは 4 者間(アプリケーション、Google、Apps 管理者、ユーザー)で信頼関係を結ばなければならない。

02:18
これを扱うのが「OAuth」。
複数の関係者間で、どのように権限を委譲するかを指定できる。
どのデータにアクセスしたいかをマニフェストに記載する。

03:15
マニフェストが完成した。

04:00
このマニフェストを Marketplace に追加する。

04:21
Marketplace 画面の右上に、ベンダー プロファイルへのリンクがある。
ベンダー登録済みの開発者は、ここからアプリケーションを公開する。

04:53
まだ公開している製品(リスティング)がないので、最初のリスティングを作ってみる。
まずは先ほど作成したマニフェストをコピーし、ペーストする。
これで、技術的には統合が完了した。
あとはどのような製品の説明、価格、ホームページ、ビデオなどを記入し、顧客に宣伝する。

06:35
プレビューで、このアプリケーションは Google Calendar のデータへのアクセスを必要としていることが確認できる。
この情報はマニフェストから抽出されている。

06:54
この内容で送信し、Google に承認してもらう。数日かかることもある。

07:13
(料理番組みたいに)
以前送信して承認してもらったアプリケーションがある。
Marketplace に来た顧客からどのように見えるのか、確認する。
顧客である管理者は「Add it now」をクリックして、Apps に追加する。
このとき管理しているドメイン名を入力する。今回の例は「Acme Systems」。

08:00
管理者が追加するまでに 3 ステップある。
(1)本アプリケーションのサービス利用規約に同意する。
(2)データへのアクセスを許可する。今回は Google Calendar。
(3)アプリケーションを有効にする。

08:37
管理者用のコントロール パネルに、追加したアプリケーションが表示されている。
一般ユーザーは、画面最上部のナビゲーションにある「more」リンクからアプリケーションを起動できる。
サインオンのダイアログは出ない。
また Calendar のデータが取得できている。

09:30
以上がフローである。
すなわち、
(1)アプリケーションを開発する
(2)Apps と統合する
(3)マニフェストを作成する
(4)Marketplace のリスティングを作成する
(5)販売する
(6)ユーザーが使えるようになる
という簡単なプロセスである。


ビデオ 3 以降は実際に Marketplace に存在するアプリケーションの紹介です。
2 までで重要な情報が盛り込まれているので、私のブログでの紹介は終わりとします。


参考: 全 6 話の一覧

Campfire One: Google Apps Marketplace
http://www.youtube.com/view_play_list?p=0C2E1DEFBC90E546
★6/22発売の翻訳書★
血と汗とピクセル 『血と汗とピクセル』
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについてはこちらをご覧ください。
Twitterアカウント
RSS フィード
著書
アプリ翻訳実践入門
『アプリ翻訳実践入門』


ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


英語語源が魔術に変わる世界では
『英語語源が魔術に変わる世界では』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】