rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

1 7月

Google Translator Toolkit の使い方: 中級編(1)翻訳メモリ

※ この記事は 2009 年 7 月に書かれたものです。内容が古くなっている可能性があるためご注意ください。(2010/10/31)


入門編でグローバル TM を使って一通り翻訳する方法を紹介しました。
次は中級編の(1)として、自分で TM を作ってみます。

確認ですが、「TM」は「翻訳メモリ」のことです。
原文と訳文をセットにして格納するデータベースで、既存原文に近い新規原文が翻訳対象ドキュメント中に登場した場合、その既存原文に対応する訳文を検索して取得してくれるツールです。


◆ TM の作り方

1. Google Translator Toolkit のサイトにアクセスし、Google のアカウントでログインします。

2. 左カラムから [Translation memories] をクリックして選択します。

3. [Add] をクリックします。

090701_01

4. 翻訳メモリの追加画面が表示されるので、必要な情報を入力します。

090701_02

  ・[Select a file: (optional)]
    →  .tmx ファイルを使う場合に入力(オプション)。

  ・[Translation memory name]
    →  作成するメモリの名前を入力。

  ・[Sharing]
    →  作成するメモリを他人と共有する場合は [Share with everyone]、共有しない場合は [Not shared with everyone] を選択。一度選択したら変更できません。

.tmx という名前が出てきました。
これは翻訳メモリのオープンな XML 標準です。
プロの翻訳者はよく Trados というツールを使いますが、この Trados にも採用されています。
もし仕様に興味があればこちら

5. [Add TM] をクリックします。

6. 「空の TM を作成しますか?」という確認が表示されますが、[OK] を押します。

090701_03

7. このように TM ができあがります。
[Sharing] が [me] となっているのは、誰とも共有せず自分だけで使っているということです。

090701_04

8. できあがった TM はドキュメントを翻訳する際に選択できるようになっています。

  ・既存のドキュメントで別の TM を変更する場合
    1. 開いたドキュメントのメニューから [Edit] → [Properties...] を選択します。
    2. Properties ダイアログが出るので、プルダウンから使用する TM を選択して [OK] をクリックします。

  090701_05

  ・新規のドキュメントで別の TM を変更する場合
    1. ファイル選択の画面で [Active] なドキュメントの [Upload] を選択します。
    2. ドキュメントのアップロード画面で [Sharing] の [+] ボタンを押して展開します。
    3. 使用する TM を選択します。

  090701_06


このように非共有の TM を作っておくと、翻訳した訳文を自分専用に保存し、後で再利用できます。


以上です。
次回は中級編の(2)として用語集の設定について書こうかと思います。
27 6月

『The Catcher in the Rye (ライ麦畑でつかまえて)』 J・D・サリンジャー

サリンジャーの「The Catcher in the Rye」(ライ麦畑でつかまえて)を読み終わった。
サリンジャーは高校生のときに何冊か読んでいたのですが、一番有名なこれだけはそのうち原文で読もうと思って読んでなかったんです。

メモを取っていたわけではないけど、頻繁に使われていた単語や表現は以下のようなのがありました。
ちゃんとした意味は辞書で調べていただくとして、僕が受けた印象による訳語を載せておきます。
たぶん 1945 年の作品なので、もう使われてないのもあるだろうけど・・・。

◆ 悪口、罵倒系
  horny → いやらしい奴
  corny → ダサい奴
  lousy → 嫌な奴
  moron → 馬鹿者
  pain in the ass → むかつく奴

"pain in the ass" と罵られた女の子は「生まれてからそんなこと言われたことないのに」とものすごくショックを受けていた。
あと f*ck も出てきましたが、主人公の妹が通う小学校の壁に落書きされていて、それを見た主人公が「子供はこんなの見ちゃいかん!」などと言ってこすって消していました。
当時はそれほどお下劣な言葉だったのでしょうな。
この主人公は結構悪口を言うくせにね・・・。

◆ 丁寧、愛情系
  old [人名] → 〜さん、〜くん、〜ちゃん

◆ 萌え系
  〜 kill me → 〜に萌えた、〜はウケた、〜には笑った

どうしようか迷ったのだけど、「萌え系」などと分類しておいた。
というのも、主人公の妹が何かかわいらしいことを言ったり、怒って膨れたりする場面で、「She killed me.」などと言うわけです。
微笑ましい印象を受けたような場面で使うのでしょう。


ところでアニメ「攻殻機動隊」に The Catcher in the Rye からこんな引用があります。

I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes.
(僕が考えていたのは、聾唖者の振りをしてみようということだった)

この一文がどこで登場してくるのだろうと注意して読んでいたら、かなり終わりに近い場面で出てきた。
主人公が学校を除籍処分になって寮から出るものの、実家には帰れない。
それで、そのままコロラドかどこかの田舎に行き、ガソリンスタンドでバイトでもしながらお金をため、山小屋みたいなのを建ててひっそり暮らそう、などと考えている場面です。

先週カート・ボネガットの「Cat's Cradle」を買ったので、今度はそれを読もうと思います。

The Catcher in the RyeThe Catcher in the Rye
著者:J. Salinger
販売元:Penguin
発売日:1994-08-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
23 6月

Google Translator Toolkit の使い方: 入門編

※ この記事は 2009 年 6 月に書かれたものです。内容が古くなっている可能性があるためご注意ください。(2010/10/31)


この間発表された Google Translator Toolkit を試しに使ってみました。
さすがに職業翻訳者が使うツールと比べたら見劣りしますが、使う場面によっては便利かもしれません。

そこで初歩的な使い方について簡単にまとめておきました。
(自作の翻訳メモリや用語集の使い方は「上級編」としてそのうち・・・)

その前に重要な用語を一つ。
翻訳メモリ」(Translation Memory: TM)とは、原文と訳文をセットにして保存しておくデータベースです。
次回にまったく同じか似た原文が出現した場合、それに対応する訳文を呼び出します。こうすると既存の訳文の一部分だけを変更するだけで済むため、翻訳が楽になります。(Wikipedia の説明はこちら


◆ 手順

1. Google Translator Toolkit のサイトにアクセスします(http://translate.google.com/toolkit)。

2. するとこんな画面が表示されるので、Google のアカウントにログインします。


090622_01

3. 初期画面が表示されます。
翻訳対象のファイル(txt、html など)をローカルからアップロードするか、Web サイトを指定します。
[Upload] をクリックします。

090622_02

4. 今回はローカルの txt を翻訳するので、[Local file] のタブを選択しました。
ファイル名や言語を入力して [Upload for translation] をクリックするとアップロードできるのですが、その前に要注意。

090622_03

[Sharing] の + をクリックすると次のような画面が表示されます。

090622_04

翻訳メモリ(TM)の選択画面です。ドロップダウンに [Global, shared TM] と書いてあります。これは Google の翻訳メモリを使うということです。文字通り「グローバルに」共有されます。
そのため、機密の文書などはグローバル TM に登録してはいけません
その場合は自分用の TM を作って共有しないようにしましょう。

今回の説明では、このグローバル TM を使います。

5. [Upload for translation] をクリックすると、しばらく待った後に次のような画面が表示されます。

090622_05

翻訳作業を行なう画面です。すでに機械翻訳されています。
左側の黄色いハイライトが原文、右側のボックスが翻訳用のフィールドです。
このフィールドの訳文に手を加えていきます。

ちなみに機械翻訳に手を加えるという方法は、結構やりにくいです。
機械翻訳の日本語が頭に残るので、きれいな日本語が書きにくくなります。
プロの翻訳者が使う翻訳メモリには、こういう機械翻訳機能は付属していません。

6. 徐々に翻訳が進んでいます。ここでちょっと翻訳済みの箇所に戻ってみました。

090622_06

下のペインを見てください。
[Translation Search Results] タブに原文と訳文がセットになって表示されています。
これは僕が翻訳した訳文です。
つまり、先ほど翻訳した文がメモリに登録されていて、それが今呼び出されたというわけです。
このように、まったく同じか似た原文がある場合、それに対応する訳文がデータベースから検索されるのです。

7. 翻訳が終わったら右上の [Save & Close] をクリックして作業画面を閉じます。

8. 今翻訳したファイルを選択し、[Download] をクリックすると、ローカルにファイルを取得できます。

090622_07


◆ YouTube の紹介ビデオ

Google Translator Toolkit について、YouTube でも紹介ビデオがあります。
実は上のスクリーンショットに写っている原文は、このビデオでしゃべっている文字を書き取ったものです。せっかくなので、解説ビデオのスクリプトを翻訳してみようという趣向です。
グローバル TM を検索すれば僕の訳が出てくると思います。ただ、ざっと訳しただけなので質は保証できません。



・原文
Hi, I'm Jeff. I'm one of the product managers for Google Translator Toolkit.
Google Translator Toolkit is a free on-line translation app that helps translators bring content into a language faster and better.
To begin, apply a file from your desktop or enter the URL of webpage, Wikipedia, or Knol article you wanna translate.
For example, let's say I wanna translate the Wikipedia article for "Great Pyramid of Giza".
I enter the URL, choose the language I wanna translate into, and upload.
Google Translator Toolkit automatically loads, converts, and translates my document.
I can now work on reviewing and improving the automatic translation.
Let's say I wanna correct this translation "Great Pyramid of Giza".
I can click on the sentence and fix the translation, or I can use Google's translation tools to help me translate by clicking [Show toolkit] button.
By using the toolkit I can view translations previously entered by other users and the [Translation Search Results] tab, or use the [Dictionary] tab to search for just the right translation for hard-to-find words.
In addition, translators can use features like custom multi-lingual glossaries, and view the machine translation for reference.
I can also share my translations with my friends by clicking the [Share] button and inviting them to help edit or view my translation.
When I'm finished, I can now download the translation to my desktop, or for Wikipedia or Knol articles I can easily publish back to the source pages.
Well, that's a brief introduction to our Translator Toolkit. We hope you give it a try.
To learn more, go translate.google.com/toolkit.

・訳文(Google Translator Toolkit を使用)
こんにちは、私はジェフです。私は Google Translator Toolkit のプロダクト マネージャーの 1 人です。
Google Translator Toolkit は無料のオンライン翻訳アプリケーションで、より短時間でより高い品質でコンテンツを別の言語に翻訳できます。
始めるには、翻訳対象のファイルをデスクトップからアップロードするか、Web ページ、Wikipedia、または Knol の記事の URL を入力します。
例えば、「ギザの大ピラミッド」という Wikipedia の記事を翻訳したいとしましょう。
URL を入力し、翻訳する言語を選択し、アップロードします。
Google Translator Toolkit が私のドキュメントを自動的に読み込み、変換し、翻訳します。
これで、自動翻訳の見直しや改善に着手できます。
私はこの「ギザの大ピラミッド」の翻訳を修正したいとしましょう。
センテンスをクリックして翻訳文を修正することも、[Show toolkit] ボタンをクリックして Google の翻訳ツールを利用して翻訳することもできます。
Toolkit を使うことで、以前に他のユーザーが入力した翻訳を [Translation Search Results] タブに表示したり、[Dictionary] タブを使って難しい単語に最適の翻訳を検索したりできます。
また、翻訳者はカスタムの多言語用語集のような機能を使ったり、参考に機械翻訳を表示したりできます。
[Share] ボタンをクリックすることで友人と翻訳を共有することも、友人を招待して私の翻訳の編集や確認を手伝ってもらうことも可能です。
完成したら、次に翻訳をデスクトップにダウンロードしたり、Wikipedia や Knol の記事であればソース ページに簡単に戻して公開したりできます。
さて、以上が Google の Translator Toolkit の簡単な紹介でした。ぜひ試してみてください。
詳細については、 translate.google.com/toolkit へどうぞ。


以上です。

続きを読む »

筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
Twitterアカウント
著書
現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


ソフトウェア・グローバリゼーション入門:I18NとL10Nを理解する
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】