rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

11 3月

速く大量に出る英語シソーラス「Power Thesaurus」

多少は英語が書けるようになると、同じ単語の繰り返しを避けたり、もっと適切な表現を探したりしたくなる。そういうときには類義語や反意語が掲載されているシソーラス(thesaurus)を当たることになる。

有名な辞書にもシソーラスはある。ただ、ウェブページの表示が遅かったり、提示数が不十分だったりすることがある。母語でもない英語を書いているときは、どうにか思い浮かべた言葉から、もっとうまく言い表せそうな表現を何としても見つけたい状態である。だから、とにかくすばやく大量に類義語を提示して欲しい。

そんな中、まさに期待通りのシソーラスが見つかった。タイトルにもある「Power Thesaurus」である。

Power Thesaurus
https://www.powerthesaurus.org/

たとえば「regarding」という言葉で検索する。すると即座に写真のように類義語が一覧で表示される。広告が少ないのも表示が速い理由かもしれない。



デフォルトでは「rating」の順に表示されるが、これは利用者たちの投票によるスコアだ。つまり、単に類語が羅列されているというより、実際に使用されていると思われる順に提示されている。

その投票はもちろん自分でもできる。写真の上矢印(緑色)や下矢印(赤色)を押せばよい。





ページの左側を見ると、さまざまなメニュー項目がある。



たとえば上部の「Lists」には「synonyms」(類義語)のほかにも、「antonyms」(反義語)、「definitions」(定義)、「examples」(例)がある。定義については、別の定評ある辞書も併せて見てもよいかもしれない。

下部の「Parts of speech」(品詞)メニューを使うと、品詞で絞り込める。「expressions」というのは2語以上の表現なので、単に英単語だけでなく、イディオムのようなものまで提示してくれるので便利である。



ユーザー投票によるシソーラスなので、専門家的視点から見るとやや怪しい部分があるかもしれない。ただ、実際にどれをユーザーが使っているかという情報は貴重である。またすでに10年以上使われている実績はある。

だから、Power Thesaurusは「速く大量に類義語を提示する」という目的に使い、定義などの確認はきちんとした辞書を活用するという合わせ技が良いのかもしれない。
5 3月

アメリア3月号に「プレースホルダー」の記事

翻訳者向け情報誌「アメリア」の2020年3月号に記事が掲載されています。

IMG_20200305_141532061

「日本語にしにくい英語」というコーナーで、アプリ翻訳などで出てくる「プレースホルダー」に関する話題です。

IMG_20200305_141621090

当初、プレースホルダーは純粋な英語ではないので、別の機会に回せないかと編集部から難色を示されてしまいました。

しかしアプリなどデジタル・メディアの翻訳では不可欠な要素ですし、「何にでもなりうる言葉」とも捉えられるので、何とか掲載に至りました(それで「特別編」とある)。

以上です。
28 1月

「ITエンジニアのための英語リーディング」の韓国語版が出版

拙著『現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング』(翔泳社、2017年)の韓国語版が昨年末に韓国で出版されました。

 ・韓国語書籍ウェブサイト
 ・日本語書籍ウェブサイト

表紙はオレンジ色っぽい色調の一方で、イラストは比較的似せて作ってくれたようです。

IT-Eng_200128_1

さすがに韓国語はわからず、何とか読めるのは自分の名前のハングル表記(니시노 류타로)くらいです。ただ、著者名は漢字の表記もありました。

IT-Eng_200128_3

自分も翻訳者なので、どう翻訳されているのか気になるところです。

一部内容は韓国事情に合わせてローカリゼーション(現地化)されています。たとえば以下のように「Japan's JLangTech to Buy …」みたいな英語例文は「Korea's KRlangTech to Buy …」のように変わっています。ただしこういった変更については、あらかじめ私の方に許可依頼がありました。

IT-Eng_200128_5
IT-Eng_200128_6

韓国の書店に入ったことはないのですが、日本のようにPOPが置かれるみたいですね。以下は韓国語版編集者のツイートです。



かなり丁寧に翻訳して出版してもらえたので、ぜひ韓国読者に満足してもらいたいところです。

以上です。
最新の翻訳書
血と汗とピクセル 『血と汗とピクセル』
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについてはこちらをご覧ください。
Twitterアカウント
RSS フィード
著書
アプリ翻訳実践入門
『アプリ翻訳実践入門』


ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


英語語源が魔術に変わる世界では
『英語語源が魔術に変わる世界では』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】