rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

25 5月

アメリカの翻訳通訳企業の統計

Slatorの記事で、アメリカの翻訳通訳関連企業の統計データが紹介されている。

 US Language Industry Booms, Doubles Headcount Within 7 Years
 https://slator.com/industry-news/us-language-industry-booms-doubles-headcount-within-7-years/

従業者数、企業数、平均賃金などが分かりやすいグラフになっているので、読みやすい。翻訳業界の人であれば興味を抱きそうな情報ばかりだ。

なかでも特に印象深かったのは、規模(従業員数)である。グラフを引用する。


(引用元: https://slator.com/industry-news/us-language-industry-booms-doubles-headcount-within-7-years/ 2017-05-25時点)

2,494社ある翻訳通訳関連企業のうち、1,943社が従業員が1〜4人らしい。実に8割近い。
個人が法人化しているようなケースが多いのだろう(私の会社も同じだが……)。
もし翻訳業界で「平均」を調べた場合、こういった小規模企業の実体が強く影響しそうだ。

ヨーロッパの翻訳業界調査によると、企業規模が小さいほど機械翻訳などテクノロジーの導入率が低いらしい。
同じ翻訳会社と言っても、小規模企業と大企業とでは、やっている仕事の内容に違いがある。
「平均的な翻訳会社像」というのは想定しない方がよいのかもしれない。
25 5月

シンガポールの国家翻訳委員会

シンガポールでは2014年に国家翻訳委員会(National Translation Committee)という組織が立ち上がったらしい。


リンク: https://www.mci.gov.sg/portfolios/public-comms/what-we-do

まず政府内で翻訳のノウハウを蓄積し、それを民間に移転するようなことを計画しているようだ。
また、言語としては中国語、マレー語、タミル語の専門家が参加して改善を図ろうとしている。シンガポールは多民族国家なので、そういった点を考慮しなければならないのだろう。

先日この委員会の人と話す機会があったのだが、シンガポールの翻訳ビジネスは個人や中小企業が多く、日本のように大きな翻訳会社はないという話だった。だから日本の翻訳業界の現状は興味深そうに聞いていた。

翻訳業界の状況は国によって違うだろうが、多言語が関わるという翻訳サービスの性質上、今後は国際的なルールや基準が広がるかもしれない。例えば翻訳品質評価では、DQFとMQMが国際標準に推されているという噂も聞く。
日本の翻訳業界は海外の業界トレンドから比較的隔絶されているような印象がある。これが良いとか悪いとかは一概には言えないが、少なくとも情報収集は積極的にしておきたい。
12 5月

JTFジャーナル#289に記事掲載。翻訳者資格登録制度の特集も

JTFジャーナルの289号が出ています。JTF会員でなくてもダウンロード可能ですが、無料の会員登録が必要です(本記事執筆時点)。

JTFジャーナル
http://journal.jtf.jp/

私の「翻訳品質のランチボックス」連載第6回は、p.22からの「MQMの評価手法」です。
ヨーロッパで作られたMQMの方法について解説しています。

また、「翻訳者資格登録制度」の特集が組まれています。
本ブログでも何回か取り上げていますが、主催者である日本規格協会からの説明なので、興味のある方はぜひ無料会員登録してお読みください。



以上です。
RSS フィード
記事検索
過去の記事
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者/コンサルタント。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
Twitterアカウント
著書
アプリケーションをつくる英語

紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
【第4回ブクログ大賞受賞】