rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

25 2月

意外と同情を集めているトヨタ社長の涙

ここしばらくの間、アメリカのニュースのトップはハイチかオリンピックかトヨタでした。いよいよトヨタの社長が下院公聴会に呼ばれ、一体どうなることかと思っていました。
議会での証言後に地元ディーラーとの会合に出席して、涙を流したそうです。

Toyoda's tears
http://www.youtube.com/watch?v=OItBnWHjlFM
ロイターのビデオ(YouTube)

マスメディアのニュースばかり見ていると気がつきませんが、意外にトヨタ擁護の声はネット上に多いようですね。このロイターのコメントを見ると、トヨタ批判はそれほどなく、比較的好意的なものばかりです。
流暢な英語でスピーチして冷静な顔をしているより、巨大企業トップの人間的な側面の方が同情を引くのでしょうか。

また、CNN のコメントを見ても、トヨタを買い続けるというコメントが多いです。
むしろフォードや GM に対する批判が多い。

Analysis: How did Toyoda do?
http://www.cnn.com/2010/BUSINESS/02/25/toyota.congress.react/index.html

Toyoda in Washington: A clash of cultures?
http://www.cnn.com/2010/BUSINESS/02/24/money.toyoda.culture.clash/index.html

少なくともこういったコメントを見ると、トヨタに対する信頼は崩れていないようです。
選挙を控えている下院議員の「政治的パフォーマンス」みたいに捉えている人も多いんでしょうね。
23 2月

英作文に使える英辞郎の「整列・頻度集計」機能

今月の頭頃からか、英辞郎 on the Web に「整列・頻度集計」の機能が登場したようです。

整列」は、検索対象の英単語を中心にして、ヒットした文を整列させます。
頻度集計」は、検索対象の英単語を中心にして、近接する英単語の出現頻度を表示します。

口で説明してもちょっと分かりづらいので、リンク先の写真を見てください。
どちらも、検索対象の英単語の前後関係を調べるのに便利な機能ということになります。

リンク先の説明にも書いてありますが、これは英作文をする場合に役に立ちます。ある動詞でどの前置詞を使えばいいのか迷うようなケースです。
例えば independent という単語の後には、of を使うのか from を使うのか、あるいはどちらでもいいのか・・・といった場面で使えます。

実は私も英文書くときはこの手の機能を備えたツールを使っています。
まず自分で対象分野(例えば IT)の英文を収集して自家製の「コーパス」を作ります。そして、コーパスに対して検索をかけ、英文が当該分野で自然であるかどうかなどを確かめています。
興味のある方は、「創ろう! マイ・データベース」あたりを参考にするとよいでしょう。

自分で英文を収集してコーパスまで作るのは手間がかかるので、英辞郎のサービスは手軽だと思います(ただ英文の質に若干の不安はありますが・・・)。
まだベータ版らしいですが、便利なのでぜひ残しておいて欲しいです。
20 2月

世界で最も革新的な企業(2010 年版)

Fast Company 誌が「世界で最も革新的な企業」の 2010 年版を発表しています。

詳しくはリンク先を見てください。
http://www.fastcompany.com/mic/2010

ここで一覧になっている上位 50 社を国別に挙げると・・・

アメリカ 36
中国   4
インド   2
イギリス 1
ドイツ   1
フランス 1
オランダ 1
スイス  1
台湾   1
韓国   1
日本   1

アメリカが 1 位であるのはそれほど不思議ではありませんが、それにしても上位の 7 割以上がアメリカ企業です。
アメリカの雑誌が集計している点を割り引いても、圧倒的です。

驚くのは、中国が 2 位、インドが 3 位という点でしょうか。どちらも日本より多い数の企業が入っています。
(ただし分野別ランキングで、「中国」「インド」があるので、その影響かもしれません)

中国とインドでどのような企業が入っているかと言うと・・・

・中国
 5 位 Huawei: 通信機器
16 位 BYD: 自動車、電池
29 位 Alibaba: B2B オンライン マーケット
42 位 Huayi Brothers: 映画/テレビ番組制作

・インド
22 位 Indian Premier League: クリケット リーグ運営
39 位 VNL: 太陽電池式の携帯電話基地局網

中国は国際的な企業が多いですが、インドは主に国内市場をターゲットにしている企業のようです。

ちなみに同じアジアの台湾と韓国は・・・

・台湾
31 位 HTC: 携帯電話

・韓国
36 位 Samsung: 家電、メモリ、携帯電話

最後に日本は・・・

・日本
41 位 ファースト リテイリング: 衣料品(ユニクロ)

日本企業は、上位 50 社ではファースト リテイリングのみです。
上位 50 社以外でも分野別ランキングが出されていて、家電分野でオリンパスが 9 位になっています。
ゲーム分野で「Muteki Corp.」とあったので、日本の会社かと思ったらアメリカ企業でした。
日本が得意だと思われていた家電やゲームの分野でも、台湾や韓国の企業が入る一方、日本企業に革新性があると認められていないようです。

(リンク先を見ると、「SPONSORED BY HITACHI」となっています。これは一体何かの皮肉なのか・・・)
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
著書
ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】