rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

15 3月

グローバル英語のスタイル(9):動詞中心のライティング スタイルを用いる

あるセンテンス(文)の中で最も重要な動作を表現する場合、動詞を使うようにする。
Style Guide では次の例を挙げている。
× A spawner program enables the encryption of user IDs and passwords when they are passed through a network. (18 words)
○ A spawner program encrypts user IDs and passwords when they are passed through a network. (15 words)
○のセンテンスでは、暗号化(encryption)を「可能にする」だけでなく実際に「暗号化する(encrypts)」主体であることが分かる。また、ワード数も少なくなっているため、翻訳コストが安くなる。

また Style Guide では別の例も挙げている。
× VMDOFF specifies whether metadata verification checking is to be performed on the data model.
○ VMDOFF specifies whether to verify the data model's metadata.

× The first note in the log indicates the creation of the Passenger table.
○ The first note in the log indicates that the Passenger table was created.
日本語でも同じであるが、「名詞 + 動詞」という形は文が長くなりやすい。例えば以下のように言い換えが可能である。
・合意に至る → 合意する
・決定を下す → 決定する

もし和文英訳を行う場合、日本語の文が「名詞 + 動詞」という形になっていると、それに引きずられて英語でも同じ形になってしまう可能性がある。そのため、和文英訳の場合も元の日本語から注意が必要となる。
上記の日本語は、英語では以下のようになる(Style Guide から引用)。
・reach an agreement → agree
・make a decision → decide



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「3.3」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る
14 3月

B2Bアプリケーションのロングテールが始まるか

数日前、Google が「Google Apps Marketplace」を始めるというニュースがあった。

Google は Google Apps というオフィス用製品(メールや表計算など)を SaaS という形態で提供している。 Marketplace は、この Google Apps 向けアプリケーションを販売できる流通プラットフォームである。
例えば、ある会社 A が Google Apps を社内で使っているとする。ソフト開発企業である B は Google Apps 向けアプリケーションを開発し、Marketplace 経由で A にアプリを販売できるようになるということである。

販売する側は、Google に初期費用 100 ドルに加え、売上の 20% を支払う。20% という金額は、Google Apps の持つ 200 万社、2,500 万ユーザーにリーチできると考えれば、それほど高いとも思えない(ちなみに iPhone や Android のアプリは 30% である)。

私がこのニュースを聞いてすぐ思ったのは、B2B アプリケーションのロングテールが可能になるということである。
Marketplace の出現により、(1)世界中に顧客を持てる、(2)サーバなどのインフラが不要、となるため、従来は特殊で採算が取れなかったようなケース(いわゆるロングテール)でも十分にビジネスが成立する可能性があるのではないかと思う。
例えば特定業界向けの CRM ソフトやドキュメント管理ソフトなどである。

この Google Apps Market もそうだが、モバイルの Android Market や iPhone App Store など、アプリケーションの世界的な流通プラットフォームが整いつつある
ソフトウェアを世界的に流通させることは、従来は巨大な資本を持つ大企業しかできなかった。アプリケーションの世界的な流通プラットフォームを活用することは、小規模なソフトウェア開発企業にとって大きなチャンスとなるはずだ。

参考
Marketplace に関する YouTube の動画 (英語ですが百聞は一見に如かずです)

12 3月

グローバル英語のスタイル(8):センテンスの長さに注意する

長いセンテンス(文)は短いセンテンスと比べると、あいまいさや複雑さが発生するため、読解や翻訳が難しくなる。
Style Guide では、手順(タスク)を表す文は 20 ワード以内、概念を説明する文は 25 ワード以内にするべきだと提案している。それを超えるセンテンスは、分割または構成を見直すようにする。

例として次を挙げている。
× If Chololate Bits is set to "No", indicating that there are no chololate bits in the sample batch of ice cream, then the selections for Enough Bits and Size of Bits are grayed to prevent users from entering irrelevant data (40 words)

○ If Chololate Bits is set to "No", then there are no chocolate bits in the sample batch of ice cream. Therefore, the selections for Enough Bits and Size of Bits are grayed to prevent users from entering irrelevant data (20 words + 19 words = 39 words)
のように、「therefore」といった言葉でセンテンス同士をつなぐことで分割できる。

代表的なつなぎ語としては、以下のようなものが挙げられる。
・順序: first、then(next、second)、finally(last)
・追加: furthermore、moreover、besides、also
・結果: therefore、thus、hence、as a result
・逆接: however、nevertheless、yet、on the contrary
・結論: in conclusion、in short、after all

ただし、どうしても長い文を分割できない場合は、文中の節を 1 つだけとする、節間の関係を論理的に構成する、といった対策を採る。これによって意味が明確になり、翻訳もしやすくする。



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「3.1」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る
著書
ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


英語語源が魔術に変わる世界では
『英語語源が魔術に変わる世界では』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】