先々週くらいに Opera Mobile 10(ベータ版)をイーモバイルのスマートフォンにインストールした。
それまで使っていた Opera Mobile 9 からかなり使用感が良くなった。

まずトップにお気に入りの Web サイトが 9 つ表示できる「Speed Dial」。
これまでは一度ホームページを表示させた後、いちいちブックマークから他の行き先を選んでいた。
それが 9 つのサイトから一発で選択できるので、非常に便利だ。

それより何より、日本語を入力した際にきちんと日本語が表示されるようになった。
これは何かと言うと、例えば Gmail でメールを書くとき、バージョン9 までは日本語の文字を入力するとなぜか文字同士が重なってしまい、まともに入力できなかった。
だからブラウザ上で日本語メールを書くときは非常に苦労した。
しかし 10 ではこの点が改善されたようで、問題なく日本語を入力できた。
(ただ私が使っていた 9 も古いベータ版だったので、以降で直っていたかもしれない)

Opera が売りにしているのは、「Opera Turbo」という機能らしい。
これは画像のような大きなデータを見る場合、一度 Opera のサーバを経由する。
このとき、サーバで画像を圧縮し、サイズを小さくしてからダウンロードできる。
確かに帯域が狭い(速度が遅い)携帯電話の場合であれば、これは有利かもしれない。
ところがイーモバイルのように 3G や 3.5G の高速回線を使いたい放題の場合、帯域はあまり問題にならない。
定額であれば、パケット節約による費用削減効果もない。
さらに、画像は圧縮した場合に荒くなる。試してみたが、例えばニュース写真で人物が写っていても、ほとんど誰か判別できないくらい荒くなることもある。
これは携帯電話のブロードバンド化が進んでいない国で使うなら便利だが、日本ではあまり必要ないように思われる。
(それよりも、端末のプロセッサ速度が遅いため、むしろ描画処理に非常に時間がかかる。)
あと、一度 Opera のサーバを経由するならセキュリティ上問題があるのではないかと思ったが、どうやら SSL みたいな通信は経由させず、直接通信を行なわせる仕組みになっているようだ。


ところで、PC のブラウザであれば、どのブラウザがどのくらいシェアを持っているか、多少なりとも IT に興味のある人なら知っているのではないだろうか?
大まかには、Internet Explorer が 50% ちょっと、FireFox が 30%くらい、Chrome や Safari が数パーセント程度。

これまでモバイルのブラウザ シェアについてはまったく聞いたことがなかった。
そこで StatCounter というサイトで調べてみたら、少し驚いた。
モバイル ブラウザについては、Opera がトップらしい。シェアは約 25%。
2 位は iPhone で約 22%。

Mobile_StatCounterGlobal

Bar_Mobile_StatCounterGlobal


2004 年からモバイルで Opera を使っている私としては、意外な活躍にちょっとうれしくなった。