今月の頭頃からか、英辞郎 on the Web に「整列・頻度集計」の機能が登場したようです。

整列」は、検索対象の英単語を中心にして、ヒットした文を整列させます。
頻度集計」は、検索対象の英単語を中心にして、近接する英単語の出現頻度を表示します。

口で説明してもちょっと分かりづらいので、リンク先の写真を見てください。
どちらも、検索対象の英単語の前後関係を調べるのに便利な機能ということになります。

リンク先の説明にも書いてありますが、これは英作文をする場合に役に立ちます。ある動詞でどの前置詞を使えばいいのか迷うようなケースです。
例えば independent という単語の後には、of を使うのか from を使うのか、あるいはどちらでもいいのか・・・といった場面で使えます。

実は私も英文書くときはこの手の機能を備えたツールを使っています。
まず自分で対象分野(例えば IT)の英文を収集して自家製の「コーパス」を作ります。そして、コーパスに対して検索をかけ、英文が当該分野で自然であるかどうかなどを確かめています。
興味のある方は、「創ろう! マイ・データベース」あたりを参考にするとよいでしょう。

自分で英文を収集してコーパスまで作るのは手間がかかるので、英辞郎のサービスは手軽だと思います(ただ英文の質に若干の不安はありますが・・・)。
まだベータ版らしいですが、便利なのでぜひ残しておいて欲しいです。