長いセンテンス(文)は短いセンテンスと比べると、あいまいさや複雑さが発生するため、読解や翻訳が難しくなる。
Style Guide では、手順(タスク)を表す文は 20 ワード以内、概念を説明する文は 25 ワード以内にするべきだと提案している。それを超えるセンテンスは、分割または構成を見直すようにする。

例として次を挙げている。
× If Chololate Bits is set to "No", indicating that there are no chololate bits in the sample batch of ice cream, then the selections for Enough Bits and Size of Bits are grayed to prevent users from entering irrelevant data (40 words)

○ If Chololate Bits is set to "No", then there are no chocolate bits in the sample batch of ice cream. Therefore, the selections for Enough Bits and Size of Bits are grayed to prevent users from entering irrelevant data (20 words + 19 words = 39 words)
のように、「therefore」といった言葉でセンテンス同士をつなぐことで分割できる。

代表的なつなぎ語としては、以下のようなものが挙げられる。
・順序: first、then(next、second)、finally(last)
・追加: furthermore、moreover、besides、also
・結果: therefore、thus、hence、as a result
・逆接: however、nevertheless、yet、on the contrary
・結論: in conclusion、in short、after all

ただし、どうしても長い文を分割できない場合は、文中の節を 1 つだけとする、節間の関係を論理的に構成する、といった対策を採る。これによって意味が明確になり、翻訳もしやすくする。



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「3.1」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る