あるセンテンス(文)の中で最も重要な動作を表現する場合、動詞を使うようにする。
Style Guide では次の例を挙げている。
× A spawner program enables the encryption of user IDs and passwords when they are passed through a network. (18 words)
○ A spawner program encrypts user IDs and passwords when they are passed through a network. (15 words)
○のセンテンスでは、暗号化(encryption)を「可能にする」だけでなく実際に「暗号化する(encrypts)」主体であることが分かる。また、ワード数も少なくなっているため、翻訳コストが安くなる。

また Style Guide では別の例も挙げている。
× VMDOFF specifies whether metadata verification checking is to be performed on the data model.
○ VMDOFF specifies whether to verify the data model's metadata.

× The first note in the log indicates the creation of the Passenger table.
○ The first note in the log indicates that the Passenger table was created.
日本語でも同じであるが、「名詞 + 動詞」という形は文が長くなりやすい。例えば以下のように言い換えが可能である。
・合意に至る → 合意する
・決定を下す → 決定する

もし和文英訳を行う場合、日本語の文が「名詞 + 動詞」という形になっていると、それに引きずられて英語でも同じ形になってしまう可能性がある。そのため、和文英訳の場合も元の日本語から注意が必要となる。
上記の日本語は、英語では以下のようになる(Style Guide から引用)。
・reach an agreement → agree
・make a decision → decide



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「3.3」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る