主語と動詞はできるだけ近くに置いた上で、1 文や 1 節(clause)が不必要に分断されないようにする。

ソフトウェアのドキュメントの場合、プログラム コード、エラー メッセージ、または図表で 1 文が分断されていることがある。Style Guide の例:

× To automatically define a libref each time SAS starts, add
   libname_saswa location-of-your-knowledge-base;
  to your autoexec.sas file.

○ To automatically define a libref each time SAS starts, add the following statement to your autexec.sas file:
   libname_saswa location-of-your-knowledge-base;

これは前回「グローバル英語のスタイル(13):リストの導入部分は完全な文にする」で取り上げたのと同様で、1 文が分断されてしまうと翻訳が難しかったり余計な労力がかかってしまったりという理由だろう。

また、however、therefore、nevertheless といった副詞も、文や節の途中に入ると読み手の思考を妨げてしまう。そもそもこういった単語は論理的な構造(逆接など)を表すので、文や節の頭に置くべきである。Style Guide の例は次の通りである。

× You can, however, use a RETAIN statement to assign an initial value to any of the previous items.
However, you can use a RETAIN statement to assign an initial value to any of the previous items.

前者のような文は小説やニュースでよく見るが、正確な意思の伝達を主目的とライティングでは、あまり推奨できないということなのだろう。
however など以外でも、文や節の頭に持っていった方がよい言葉として、「for example」、「if necessary」、「if required」が挙げられている。いずれも例示などの論理的な関係を構築する言葉である。



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「3.9」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る