肯定文でも否定文でも書ける場合、肯定文を使うようにする。ただし警告など、否定文を使わなければならないケースでは使っても問題ない。

Style Guide の例:
× Add a statement to the program to specify that messages not be displayed.
○ Add a statement to the program to suppress messages.
 (参考訳:メッセージを非表示にするよう、プログラムに 1 文追加します。)

また、1 文中に not が 2 つ現れるような「二重否定文」はネイティブにとっても非ネイティブにとっても読みにくいので避ける。次に Style Guide の例を引用する。
× You cannot access databeses for which you do not have appropriate permissions.
○ You can access only databases for which you have appropriate permissions.
 (参考訳:適切な権限のあるデータベースにのみアクセスできます。)

意図を伝えることを主目的にするのであれば、文の構造はできるだけシンプルにすべきである。



・Style Guide とは『The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market』を指す。
・本項目は、Style Guide の「3.12」の内容に該当する。


The Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global MarketThe Global English Style Guide: Writing Clear, Translatable Documentation for a Global Market
著者:John R. Kohl
販売元:Sas Inst
発売日:2007-10-26
クチコミを見る