例文詳解 技術英語の冠詞活用入門例文詳解 技術英語の冠詞活用入門
著者:原田 豊太郎
販売元:日刊工業新聞社
(2000-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


冠詞(a や the)は、ある程度英語を学習した日本人が英文を書く際に、恐らく最も悩む事項なのではないかと思います。
単語や表現は辞書を使えばある程度は調べられますが、冠詞は文中における文脈で決まるため、辞書を見ただけでは本当に正しいのかどうか分かりません。「特定できる名詞には the」という基本的なルールは初学者でも知っていますが、それでも悩むのが冠詞です。

本書は特に科学技術分野の英文における冠詞について使い方を解説しています。
まず規則的な用法について 4 つの規則を取り上げ、その後で不規則な用法などを説明しています。

規則的な用法として、以下の 4 つを挙げています。

規則 1:
情報を送る側と受け取る側の双方にとって不特定・非限定な場合、
 ・可算名詞の単数形には、a
 ・可算名詞の複数形には、付けない
 ・不可算名詞には、付けない

規則 2:
情報を送る側にとっては特定・限定であるが、受け取る側にとっては不特定・非限定な場合、
 ・可算名詞の単数形には、a
 ・可算名詞の複数形には、付けない
 ・不可算名詞には、付けない

規則 3:
情報を送る側と受け取る側の双方にとって特定・限定の場合、
 ・可算名詞の単数形には、the
 ・可算名詞の複数形には、the
 ・不可算名詞には、the

規則 4:
情報を送る側と受け取る側の双方にとって一般的概念(総称表現など)の場合、
 ・可算名詞の単数形には、a または the
 ・可算名詞の複数形には、付けない
 ・不可算名詞には、付けない

このうち、日本人にとって最も難しいのが「規則 2」で、「規則 3」と混同してしまうと言います。
規則 2 では、情報を送る側では特定できているものの、受け取る側では特定できていない状態です。いくら送り手が特定できていたとしても、受け取る側が特定できていない場合、the は付かないということです。送る側と受け取る側の双方が名詞を特定できて初めて、the を付けられるのです。

また「規則 3」における「特定・限定」の方法についてです。本書では重要なものとして次の 3 つを挙げています。
(1)すでに出た名詞に 2 回目から the を付けて両者が同じ名詞であることを示すことにより特定する。
   → 既出の名詞に付ける the です。
(2)文脈(それまでに与えられた情報)により特定したり、限定する。
   → 例えば、同じ場所にある図面で指示されている名詞です。
(3)さまざまな修飾語句で特定する仕方であるが、非常にバラエティーに富んでいる。
   → 例えば、形容詞の最上級や of による修飾で名詞が特定できる場合です。


上記は「規則的な用法」に関するものです。不規則な用法や特殊な用法などについては、本書で確認してみてください。