リーディングの勉強をする場合など、英文の難易度をあらかじめ把握しておきたいときがあります。簡単すぎても難しすぎても、勉強にならないからです。

英文の難易度を測定できるサイトはいくつかあります。英文を入力し、そこで使われている「各単語の難易度」で計算する方法が一般的です。

◆ The Oxford Text Checker
http://oaadonline.oxfordlearnersdictionaries.com/oxford3000/oxford_3000_profiler.html

Oxford Advanced American Dictionary の難易度に基づいて測定できるサイトです。ページを開くと、以下のようなフォームが表示されます。
oxford1

どの単語リストを使うか、ボタンが3つ表示されています。
 ・Oxford 3000: 同辞書が重要と考える3000語
 ・Oxford 2,000 keywords: その3000語のうち、上位2000語
 ・Academic Word List: 英語圏の大学で遭遇するであろう単語の一覧
通常は「Oxford 3000」を選択すればよいのではないかと思います。

説明によると、
 ・Low intermediate(中級の下)レベルのテキストで、Oxford 3000のほぼ100%
 ・High intermediate(中級の上)レベルのテキストで、Oxford 3000の90〜95%
 ・Advanced(上級)レベルのテキストで、Oxford 3000の75〜90%
が含まれるようです。

例えば、適当なテキストを「Enter the text to check: 」テキストエリアに貼り付けてチェックを実行してみます(その下のテキストエリアは、除外する単語)。次のような結果画面が表示されます。
oxford2


赤下線部分に「89%」とあります。つまり、テキスト中の単語の89%はOxford 3000に含まれているということです。ですから難易度は、上級にぎりぎり入る程度と判断できるわけです。

画像の真ん中あたりに「Words not on the list」という部分があります。ここにはOxford 3000リストになかった単語が表示されています。比較的難しめの単語であると推測できるため、読む前にこのリストを見て知らない単語をチェックしておくと、スムーズにリーディングができるでしょう。


次回は別の難易度測定サイトを紹介します。