このような記事がありました。

 Twitterの「お気に入り」が「足あと」に ふぁぼられ数の表示欄に変化
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1301/31/news053.html

Twitterサイトの日本語で「お気に入り」と表示されていたのに「足あと」に変わったという話です。
実は文字列はボランティアが翻訳しているため、誰でも提案が可能です。実際にTwitter Translation Centerを見てみると、「Stars」の日本語訳は以下のようになっています。



赤矢印の通り、「足あと」という翻訳が「Translation live」(つまり現在表示されている)です。

投票数(votes)で見ると「お気に入り」が多くなっています。そのため、なぜ「足あと」が採用されているのか私はよく分かりませんが、何らかの理由で「足あと」がliveになったようです。



「お気に入り」か「足あと」かは好みでしょうから、それほど深刻な問題にはならないでしょう(まあ反mixi一派が蜂起するかもしれませんが)。
しかし以前の記事に書いたように、意図的に悪意を持って間違いを入れるケースもあります。「翻訳テロ」とも言える行為です。クラウドソーシングの翻訳では、こういったことに注意したいものです。

以上です。



<追記1>
ちなみにニュース記事では元の英語が「Favorite」で、本記事で取り上げた「Star」ではありません。
Translation Centerで見るとFavoriteは「お気に入り」のままなので、Twitterサイト内で文字列の処理がおかしく、訳が入れ替わっている、のか?不明です。

<追記2>
「Favorite」の訳についてTranslation Center検索してみたところ、こんな具合に「お気に入り」のままです。だからなぜ一部だけ「足あと」になっているのかはまったく分かりません。