Global UX: Design and Research in a Connected World



異なる文化圏のユーザーを対象とする際のUX(User eXperience、ユーザー体験)について解説した本です。グローバルなUXに関する理論的な話に加え、実際に仕事に関わっている人のインタビューが多く収録されています。

具体的な経験に基づくベスト・プラクティスの例も(遠隔会議ではビデオチャットが良いなど)ありますが、日付や住所の表記方法などを辞典的に解説したものではありません。数多くのインタビューで実際の経験を共有し、意識の持ち方自体を変えてもらうことを目指しているようです。


理論的枠組みを紹介するのが本書のメインテーマではありませんが、興味深い図があったので紹介します。
layers_of_culture

グローバルUXの活動をする際に理解しておきたい「文化の層」(Layers of culture)で、cxpartnersという会社で使っているようです。他の文化に関することで、予測が簡単なものから難しいものまでを並べています。

<より簡単>
・タスク: ホテルの予約手順など。国ごとにあまり違いはない。
・インフラ: インターネットの利用方法など。ブロードバンドが普及していない国では動画再生は難しい。
・法制度: 税金、プライバシー法、ビザなど。
・市場標準: 自動車には標準でさまざまな機能が付属する国と、オプションが中心の国など。
・言葉: 自動車でスペック情報掲載を重視する国と、あまり重視しない国。単なる翻訳では解決できない。
・文化: その他。価値観、物事に対する態度、儀式、モラル、個人主義vs集団主義、好まれる言葉遣い、など。
<より難しい>

要するに、少し検索して調べられるような情報から、現地の人に聞かないと分からないような情報まで幅広くあるということです。


もう一つ面白いと思った分類です。グローバル企業のブランドのローカリゼーションは、3つの基本パターンがあるという話です。

1: One product, with minor localization
製品は主市場向けに設計され、少しの変更を加えて(ローカリゼーションして)売る。例えば次のような製品/サービス:
・各地でタスクやプロセスに違いが少ないニッチ市場向け
・基本的に似た文化圏の人が使う
・高級ブランドのように、主市場の文化がアピールする
・製造コストを抑えたハードウェア製品
例としてTwitterが挙げられています。

2: Locally controlled products
共通のブランドはあるが、各地のフランチャイズが経営。例えば次のような製品/サービス:
・ローカル色が濃い
・文脈や文化に影響されやすい個人的嗜好に左右される
・医療や金融のように、各国で法律が異なる
例としてHSBC銀行が挙げられています。

3: Global template with local variations
統一的な設計を目指すが、ローカルのニーズにも応える(1と2の中間)。例えば次のような製品/サービス:
・グローバル・ブランドが必要だが、ローカルの環境とも関わりがある。銀行、ホテル、旅行業など
・似たようなワークフローが存在するが、ローカルでの違いに対応する必要がある
例としてYahoo!が挙げられています。
テンプレートはある程度堅固でなければならないが、変種を許容できる柔軟さも必要で、「変える十分な理由がなければ変えない」といった感じのようです。


上記のように、本書ではインタビューが豊富です。実際の経験を読むこともできるので、興味があれば一読してみてください。

以上です。