6/26(水)に、L10N練習アプリを使った実習形式の講座を開きます。
時間は18:30〜、場所は東京工業大学(大岡山キャンパス)です。詳細と申込みはこちらのページからどうぞ。

具体的にはこんな画面のウェブ・アプリケーションを翻訳します。
screen


UIの文字列は、以下の画像のように、別のテキスト・ファイルとして保存されています。これを(例えば)英語に翻訳することで、即座にUIが英語で表示されるようになります。

strings


普段、翻訳者は訳文をUIに反映させて確認することは難しいですし、開発者も翻訳に関わるケースは少ないでしょうから、面白い体験になるのではないかと思います。

以上です。