前回のブログ記事で、6/26(水)にローカリゼーション練習アプリを使った実習形式講座を開くと書きました。

そのL10N練習アプリがどういう仕組みで動くのか、動画を使ったほうが分かりやすいと思い、2本作ってみました。初めて作成したので見辛い部分もありますが、一時停止などしながら見てください。

本アプリでは、メニューから言語指定を変えることで、インターフェイスの言語が切り換わります。その仕組みを解説する動画です。




次に実際に翻訳している場面です。一部のインターフェイスを日本語から英語に翻訳し、表示しています。



使っているのはウェブ・ブラウザーとテキスト・エディターのみです。面倒な翻訳支援ツールや開発環境を整える必要はありません。

6/26(水)の実習形式講座ではこれを使って翻訳してみます。もし興味があれば、以下のサイトから詳細を確認して申し込んでください:
http://creativeflow.jp/news/2013/05/2013626-software-localization.shtml


ちなみに初めてデスクトップの動画を撮影し、YouTubeにアップロードしたのですが、意外に簡単でした。デスクトップの撮影はMacのQuick Time Playerの「新規画面収録」機能ですぐにできました。

以上です。