本日7/7、著書『ソフトウェア・グローバリゼーション入門: I18NとL10Nを理解する』が達人出版会より発売されました。


https://tatsu-zine.com/books/software-g11n

ソフトウェアはグローバリゼーション(G11N)することによって初めて、さまざまな言語や地域のユーザーに使ってもらえるようになります。

G11Nを総合的に扱っている書籍は少なく、日本では15〜20年前に何点か出版されたのが最後です。本書は最新の動向も盛り込みながら、特に基本的な考え方を理解できるようにしてあります。

達人出版会は電子書籍専門の出版社で、書籍はPDFファイルとしてダウンロードできます。お支払いはクレジットカード(Paypal経由)で可能です。
また発売セールとして、当初は20%オフでご購入いただけます。

ちなみに紙版は未定です。
(紙版を出したいという出版社がいらっしゃったら達人出版会か私までご連絡ください)