日本翻訳連盟(JTF)の「翻訳品質委員会」の委員長を私が務めることになりました。
前任の田中千鶴香さんが急逝されたため、それを引き継ぐ形です。とても田中さんのように進められないとは思いますが、精一杯努力したいと思います。

現在、翻訳品質委員会では以下の2つのドキュメントを制作、管理しています。
・日本語標準スタイルガイド
・翻訳品質評価ガイドライン

後者の「翻訳品質評価ガイドライン」は現在制作途中で、翻訳品質委員会の部会である「翻訳品質ガイドライン検討会」で議論しているところです。
昨今の機械翻訳の利用拡大などもあり、品質評価の重要さが認識されつつあります。どう品質評価をすべきかという部分について、JTFという業界団体が関与するのは大事だと考えています。

今後、成果などをウェブサイトで公開します。
ちなみにフェイスブックに翻訳品質委員会のページもあります。



ところで、10/13(金)に開催されるJTF翻訳セミナーに登壇します。
テーマは「それぞれの翻訳品質 〜発注企業、翻訳会社、翻訳者の視点から〜」で、翻訳品質に関する発表やディスカッションをします。
申込締切は3営業日前なので、10/10(火)です。
詳しくはこちら:
https://www.jtf.jp/east_seminar/index_e.do?fn=search