フリーランス翻訳者として翻訳会社と取引をしたい場合、翻訳業界では「トライアル」を受けることが一般的だ。簡単に言うと翻訳試験で、これに合格すると翻訳会社に登録でき、仕事をもらえるようになる。私自身も20年近く前にトライアルを受けて翻訳者になった。

トライアルという慣習あるいは制度は翻訳業界に浸透しており、当たり前のことなので根本的な部分で疑問を呈する業界人はあまりいない。本記事ではトライアル制のメリットとデメリット、さらに現在のトライアル制を改善するアイデアを書いてみたい。


◆トライアル制のメリットとデメリット

業界全体として見たとき、トライアル制度の最大のメリットは、各翻訳会社のニーズに合致した翻訳者と取引できる点にあると思う。
翻訳会社はソース・クライアントから仕事をもらい、それをさらに翻訳者に依頼する。そのためクライアントの特徴や好みに合った翻訳ができる翻訳者を必要としている。だからトライアルではクライアントからもらう仕事に近い原文が出題されるケースが多い。そういったトライアルを通れば、翻訳会社にとっては戦力となる。
(たまにトライアルで不合格になって落ち込む人もいるが、翻訳力がないというよりも、単に「好みに合わなかった」ということもあるので、それほど悲しむ必要もない)

一方でデメリットは、翻訳会社と翻訳者が一対一で試験を受けることになるため、大きなマッチング・コストがかかるということだと思う。
たとえば翻訳者aが取引先を広げたい場合、翻訳会社A、翻訳会社B、翻訳会社Cとそれぞれのトライアルを受けなければならない。
翻訳会社から見ても同じである。A社は課題を作った上で、翻訳者a、b、c、d、e、f…から送られてくる解答を採点することになる。候補者を絞るために「翻訳実務経験◯年以上」と受験資格を限定する会社も多い(そのため未経験だが有能な翻訳者を獲得する機会を逸している)。
現在のトライアルはそれぞれが一対一の試験になるため、業界全体で見ると、膨大な数のトライアルが発生していることになる。翻訳会社と翻訳者をマッチさせる機能があるので、マッチング・コストと考えられる。図にするとこうなる:



上記のメリットとデメリットをまとめると、各翻訳会社のニーズに合った翻訳者と取引できる一方で、大きなマッチング・コストがかかるということである。


◆トライアル制をどう変えるか

マッチング・コストを低減させるのに有効なのは、外部に「共通試験」のようなものを設けることだと思われる。これにより、各翻訳者は1回共通試験を受けるだけでよいし、翻訳会社は自社でトライアル課題を作る必要も、各翻訳者を採点する必要もない。再び図にするとこうなる:




ただしこの場合、マッチング・コストは下がるものの、「各翻訳会社のニーズに合った翻訳者と取引できる」という最大のメリットも無くなってしまう。共通試験で出題できるのは、いわゆる最大公約数的な問題だからだ。
そのため、メリットは残しつつ、マッチング・コストを部分的にでも下げられるという仕組みが望ましい。共通試験がトライアルを完全に代替するというより、一部のみを担うということだ。たとえば考えられるのは、
・共通試験合格者は、簡易版トライアルを受けられる
・共通試験合格者は、実務経験なしで本トライアルを受けられる
といった使い方だろうか。


◆ほんやく検定の果たす役割

もし翻訳者と翻訳会社とをつなぐ共通試験になり得るとすれば、それはやはり日本翻訳連盟(JTF)が実施している「ほんやく検定」だと思われる。というのも、JTF会員はフリーランス翻訳者と翻訳会社から成るためだ。そのため両者をつなぐ共通試験として受け入れられやすい。

ただし、共通試験になる条件としては、検定の問題が実際のトライアルに近い内容である必要があると思われる。そういう内容になって初めて(一部だけでも)トライアルを代替できる。
私は現在JTFの理事であるため軽率なことは言えず、個人的な意見ということになるが、その方向についても模索したいと考えている。

(※ 図はAutoDrawで書きました。)