毎年出されている「ヨーロッパ翻訳業界調査」の2020年版が公開されている。

EUROPEAN LANGUAGE INDUSTRY SURVEY 2020: BEFORE & AFTER COVID-19
http://fit-europe-rc.org/wp-content/uploads/2020/04/Final-webinar-presentation-1.pdf(PDFファイル)

例年とは違い、今回公開されているのは完全なレポートではなく、ウェビナーのスライドである。そのせいか、例年より情報量が少なく読みにくく感じる(なおウェビナー録画はこちらから閲覧できるらしい)。また新型コロナの影響に関する質問項目も多い。

★追記:こちらで完全なレポート(PDF)が公開された(6/12)

ここでは私が個人的に興味を持った点を取り上げてみたい。

▼個人翻訳者のストレス要因(p. 14)


支払いや単価(Pay/rates)は大きなストレス要因になっているが、技術変化(Technological change)はさほどストレスになっていないようだ。
MTを使う翻訳者も増えているはずだが、MT使用にストレスを感じている人はそこまで多くないのかもしれない(p. 16には35%がMTはストレスだと回答)。


▼個人翻訳者のTMやMTの使用状況(p. 15)


TM、自動QAツール、MTの使用状況のグラフである。
図に説明がないので見方がよくわからないが、パッと見で足すと100%くらいになるので、使っている人のみが回答しているのかもしれない。
意外に自動QAツールが普及しているという印象があった。


▼トレンド(p. 16)


個人も翻訳会社も、やはりMT(MTPE)が一番のトレンドのようだ。
左の図を見ると、翻訳会社よりむしろ個人がMTPEに関心を持っているのかもしれない。


▼翻訳修士号(EMT)の知名度(p. 18)


これは毎年調査されている項目である。
しかしここ5年間ずっと「知らない」(No)が約5割で、「知っていて採用時に考慮する」(Yes, take it into account)は1割程度である。要するに知名度も上がっていないし、採用に大きく有利になるわけではない。
これは、大学が業界のニーズに応えられていないということではないだろうか?
業界が求めるような教育を提供できていないため、知名度は上がらないし、知っていても採用時に考慮されない。

日本でもこのEMTコンピテンス枠組み(PDFリンク)を参照する大学があるようだ。しかしこの調査結果を見ると、大学内輪の自己満足に陥っていないか検証した方がよいのではないかとも感じる。


▼新型コロナに関連したフリーランスへの経済的支援(p. 22)


半数くらいの国でフリーランスへの支援があるようだ。
日本でも「持続化給付金」があり、給付のハードルはそれほど高くないので、対象者かどうか確認しておきたいところである。



前年までの調査に関するブログ記事は以下の通りである。
・ヨーロッパ翻訳業界調査2019年版を読む
 http://blog.nishinos.com/archives/5472077.html
・ヨーロッパ翻訳業界調査2018年版を読む
 http://blog.nishinos.com/archives/5360143.html
・ヨーロッパ翻訳業界調査2017年版を読む
 http://blog.nishinos.com/archives/5211703.html
・ヨーロッパ翻訳業界調査2016年版を読む
 http://blog.nishinos.com/archives/5185598.html