自社で出版事業をしており、今月「プログラミング英語教本」という書籍(電子+紙)を出した。

いま出版事業をやろうと思ったら紙版だけではビジネス的に厳しく、電子版も出す必要がある。紙版の場合、一般的に版面のレイアウトはページごとに実施する。ところが電子版では、ページというより、画面に合わせて文字数が変わる点(リフロー)を考慮しなければならない。

Kindle本を買うと、よく「固定レイアウト」になっている書籍がある。あれは紙版を先に作ってページ単位でレイアウトしたため、リフロー対応していない(できていない)ということである。しない大きな理由の1つはコストで、ただでさえ売上が減りつつある書籍で、2度レイアウト費用を捻出するのは厳しいのかもしれない。

そこで紙版を作ってから電子化するのではなく、逆にまず電子版を作り、それを紙版にも対応させると考えたときに出てくるのが、「CSS組版」という方法である。名前の通り、ウェブページ制作で用いるCSSを使って印刷用に組版をする。

今回の自社書籍で、この「まず電子版、そこから紙版」というフローを採用した。紙書籍の売上が厳しくなりつつあるという出版状況を考えると、従来とは逆となる、こういったフローを採用する出版社は増えるような気もする。



今回の作業フローは以下の通りだった。

1. 原稿をテキスト・ファイル(.txt)で作る
2. そこから電子書籍となるePubを作る。ePubはHTML+CSSなので、まずここでCSSでのレイアウトが発生する
3. このePubから、他の形式の電子書籍(Kindle、PDF)も生成する
4. 続いて紙書籍向けにePubのCSSを少し修正する(ページ番号追加など)
5. そのePubから印刷用PDFを生成する
6. 印刷用PDFを印刷所に送って印刷してもらう(カバーなどは別途作る必要)

このうち、ステップ4〜5で使うのがCSS組版用のソフトウェアである。今回は無償で提供され、日本語処理も考慮されている「Vivliostyle」を使わせていただいた。



上記のフローで作った電子書籍(ePub)と印刷用PDFとを比較してみる。たとえば目次を見ると、ePubでは以下のようになっている。リフローなので、章タイトル対して固定的なページ番号は表示されていない。章タイトルをクリック(タッチ)すれば該当部分にジャンプする。

epub

一方で、CSS組版をした印刷用PDFを見ると、章タイトルの右にきちんとページ番号が挿入されている。紙書籍であればページ番号は必須である。

pdf-print

このように、大部分が同一のCSSを使って、リフロー型電子書籍も紙書籍も作れるのがCSS組版のメリットである。「まず電子版、そこから紙版」というフローにも対応できる。

もちろん、あらゆる利用場面でCSS組版が有利なわけではないし、できないことはある。たとえば複雑になりがちな雑誌のレイアウトには向かないかもしれない。しかし書籍のように、文字が主体で流し込んでレイアウトできるようなケースでは利用を検討してもよいだろう。

なおVivliostyleのウェブサイトにはいくつかサンプルが掲載されている。これを見ると、何ができるのかがよく分かる。