rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

アプリ/IT

14 4月

月額基本料金なしで仕事用の電話番号を取得

仕事用として外部公開する電話番号が必要になりました。今は携帯電話しか持っておらず、プライベートでも使うこの番号は公開できません。そもそも仕事柄電話をすることもほとんどないので、携帯電話(あるいはSIM)をもう一台契約する気にもなれません。

どうにか安価に電話番号をもう1つ持てないだろうかと悩んでいたところ、「IP電話アプリ」という選択肢を思い出しました。これはスマートフォン上にアプリをインストールすることで、携帯電話端末自体の「090…」といった番号の他に、「050…」で始まる番号を追加できるサービスのことです。

以前からNTTコミュニケーションズが提供している「050 plus」は知っていたのですが、月に基本料として300円ほどかかります。安いことは安いです。しかしほとんど通話はしないので、維持費はもっと安ければありがたいところです。

調べていると、楽天コミュニケーションズが提供している「IP-Phone SMART」というサービスを見つけました。



このIP-Phone SMARTは月額基本料は無料。さらに留守番電話サービスも無料。電話番号を外部に出すと面倒なセールス電話などがかかってくる可能性もあるので、まずは留守番電話で受けたいところです。
そこでIP-Phone SMARTでアカウントを作成し、050で始まる番号を取得しました(残念ながら050 plusと違って番号を選べない)。

マイページにログインすると下の写真のように留守番電話を設定できます。ここでは、
 ・着信したら即座(呼び出し音なし)に留守番電話に切り換え
 ・着信があったことを登録したメールアドレスに通知し、さらに音声録音ファイルも添付で送る
という設定にしました。



試しに取得した050番号に電話し、メッセージを残してみました。その後マイページを開いて留守番電話の履歴を見ると、こんな具合で残っています。「発信元電話番号」の灰色部分は私の携帯電話番号です。



録音時間が11秒ですが、この時間でファイルサイズは211KBでした。添付ファイルで転送されてきても問題ないサイズです。
録音件数は10件までなので、聞いたファイルは「削除」のボタンから消していくことになります。最初の画像に「メール送信後に録音データ削除」というオプションがあるので、これをオンにしておけば自動で消えていくようです。

そもそもこのサービスを使うには「SMARTalk」というスマートフォン用アプリ(AndroidとiPhone対応)をインストールします。初期設定では050にかかって来ると、スマートフォンでも呼び出し音が鳴ります。
私の場合、とりあえず留守番電話で受けてから対応する(かけ直すなど)つもりなので、呼び出し音がなると困ります。アプリの設定を見ると「発信専用で利用する」というオプションがありました。



これを設定しておけば、発信音が鳴ることはないでしょう(まだ試してない)。留守番電話に録音があった時点で初めて、メールで通知が来ます。

私のようにそもそも電話はほとんど使わない(嫌いでもある)が、電話番号を外部に出す必要がある場合、IP-Phone SMARTは安価かつ便利に使えるのではないでしょうか。
8 7月

MOOC「Entrepreneurship 101: Who is your customer?」視聴

MOOCプロバイダーであるedXに「Entrepreneurship 101: Who is your customer?」というコースがあったので視聴してみました(制作はMIT)。

アプリや製品を開発するスタートアップを念頭に置いた講義です。とにかく顧客やエンドユーザーに注目して製品企画を立てるという内容で、シンプルで分かりやすい方法だと感じました。
英語もやや早口な人が出てきますが、字幕でキーワードを追っていけば、まあ分からないレベルではないのではと思います。

講義の概要は以下の通りです:

・Step 1: Market Segmentation
特定の同質な顧客層に集中し、その他の層は無視する。とにかく集中が重要(Focus, focus, focus)。

・Step 2: Beachhead Market
最初に攻略し、また次への足がかりとなるマーケットのこと。独占できるような狭いマーケットを1つだけ選び、他を捨てて集中することが重要。

・Step 3: End User Profile
エンドユーザーを狭く定義した下位セット(類似する特徴やニーズ、口コミ関係を持つ)に関する記述を行う。

・Step 4: Total Addressable Market(TAM)
特定のマーケットでシェア100%を達成した場合の年間収益のこと。「ターゲットとなるエンドユーザー数 × 1人あたりの平均収益(米ドル)」で計算。TAMが2000万〜1億ドルを推奨。10億ドル以上だと大きすぎ、500万ドル以下だと小さすぎる。

・Step 5: Persona
エンドユーザー・プロファイルを代表するような具体的な1人の人物のこと。顧客が誰かを思い出すのに使う。ペルソナを使うとチームで意識統一が図れる。


以上です。

21 1月

アプリが100万ダウンロード

公開しているAndroidアプリ「シンプル体重レコーダー」のダウンロード数(総インストール数)が100万を突破しました。
ユーザー各々の想いから「よし、これを使ってみよう」とダウンロードしてくださったわけで、単純に数字には還元できないものの、やはりうれしいことです。



最初に公開したのが2009年なのですでに6年目のアプリになってしまいました。
当時は日本ではドコモが初めてAndroid搭載端末を出すか出さないかの時期で、アプリも個人開発者が趣味で出しているようなものが中心でした。この変化を考えると実に感慨深いです。

そもそも英日言語対応のアプリを開発しようと思ったのは、来るべきスマートフォン時代のローカリゼーション・ビジネスにいち早く参入しようという意図がありました。
確かにスマートフォン時代は到来したのですが、スクリーンに表示される文字数が少ないため「1ワード翻訳していくら」が主流のローカリゼーション・ビジネスでは大して儲からないことが分かるという残念な結果になりましたが……。

以上です。
7 6月

7インチタブレットを黒電話にした

ほとんど電話をしないのでスマートフォンをやめ、7インチのタブレット「ASUS Fonepad」で音声通話もすることにしました。
本当は電話も要らないのですが、本人確認で電話番号を求められるケースがあるので仕方なく…。

やはり画面が大きいのは素晴らしい。入力も楽で、バッテリーも長持ちする。

ただ7インチを片手で持って通話するのも疲れそうなので、昔の黒電話風の受話器を買い、さらに昔のダイアル風アプリをインストールしたらこんな感じになりました。

phone

街中でカバンから取り出し、ダイアルを回して電話をかけたい、ドヤ顔で。

このタブレットはSIMフリーなので、通信会社もMNPで「日本通信」に変え、「スマホ電話SIM」を契約しました。音声通話の月基本料が1,080円、データ通信は1GBまで定額で1,980円のプラン、合計月3,060円です。まあ自宅や学校ではWiFiを使っているので、私の場合は1GBもあれば十分でしょう。


ちなみに、受話器はLEICKEという会社のもの、ダイアル用アプリは「Rotary Dialer PRO」です。

あと、タブレット通話は面白そうだがでかい受話器を持ち歩けないという方は、Bluetoothの小型無線受話器みたいなのもあります(例えばGreen House製品)。
27 11月

英語によるメソッド命名に関するブログや研究の紹介

以前の記事「いい設計をするには豊富なボキャブラリーが必要か」に記載したように、英語でメソッド名を付ける方法に関して興味を持っているプログラマーは少なからずいるようです。

メソッド名で使う英語に関するサイトや研究はないかと探したところ、少し見つかりました。
基本的にJava言語です。


まず、Stephen Colebourne氏のブログ記事「Common Java method names」です。
動詞や前置詞が合計20個ほど紹介されています。
CommonJavaMethodNames



次に、Einer Host氏の博士論文「Meaningful Method Names」です(PDFはページ最下部「閲覧/開く」からダウンロード)。
こちらはかなり長いため私は全部目を通しておらず、内容の紹介はできません。面白そうな論文が見つかった、程度です。

具体的な英単語を載せた図表がいくつかあったので、興味があれば前後の文脈も含めて読んでみてください。まず57ページからの一部引用です。
CanonicalMethodNamesForJava_58

次に123ページからの引用です。
CanonicalMethodNamesForJava_123


ちなみにHost氏は「Java Programmer's Phrase Book」(同博士論文の第8章)というものを作成していて、論文内では部分的にしか触れていません。フルバージョンもあるらしいのですが、紹介されているリンク(http://phrasebook.nr.no)が切れているので、このPhrase Bookの内容は不明です。非常に面白そうですが。

ブログのリンクや論文の参考文献を辿って行くと、関連したリストや研究も見つかります。
以上です。
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
Twitterアカウント
著書
ソフトウェア・グローバリゼーション入門:I18NとL10Nを理解する
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】