rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

自著/連載

19 10月

最近出した本のまとめ

数か月間で何冊か本を出版しました。ここ2年ほどで書いてきたものが、ちょうどこの時期に重なって出たという感じです。
今後しばらくは出す予定がないため、いったんまとめて時系列で紹介します。


◆ 7/7刊『ソフトウェア・グローバリゼーション入門: I18NとL10Nを理解する』(達人出版会)

ソフトウェアを世界中で使ってもらうにはI18N(インターナショナリゼーション)とL10N(ローカリゼーション)が必須で、2つは合わせて「グローバリゼーション」と呼ばれます。
グローバリゼーション全体を扱っている日本語書籍は少なく、15〜20年前に何点か出されたのが最後です。本書は最新のアジャイル開発の動向も盛り込みながら、基本的な考え方を理解できるようにしてあります。
(電子版のみ)
blog-top_Intro-G11N_2
https://tatsu-zine.com/books/software-g11n


◆ 8/7刊『現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング』(翔泳社)

ITエンジニアには、英語を読む機会が頻繁にあります。
中高で英文法を学ぶと「1つの文」は読めるようになります。英文法は基本的に「1つの文」に関するルールだからです。しかし文が集まった「文章」は、また別の特徴を持ち始めます。
本書はITエンジニアがよく読むドキュメントについて、文章全体に注目して解説するとともに、すぐに役立つリーディング・テクニックも紹介しています。
IT英語リーディング
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798149493


◆ 9/3刊『英語語源が魔術に変わる世界では』(グローバリゼーションデザイン研究所)

語源を使った英単語学習は効果的だと言われていますが、既存書は語源と単語を羅列したものが多く、無味乾燥な印象を持っていました。そこで、個人的に好きなSFやファンタジーっぽく仕立てられないか……という意識から書いた「語学フィクション」です。
幸運にも、アマゾンKindleストアの「SF・ホラー・ファンタジー」部門で、ベストセラー1位を9/10〜13に獲得しました。
ちなみに10月にはオンデマンド印刷による紙版も出しました。
Gogen_small
https://www.amazon.co.jp/dp/B075CVS58L


◆ 10/16刊『ソフトウェアグローバリゼーション入門:国際化I18Nと地域化L10Nによる多言語対応』(インプレス)

7月に出した達人出版会の『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』のインプレス版です。
ただし内容が増えています。グローバリゼーションを実践している企業数社にインタビューし、1章追加しました。
G11N-imp_small
https://book.impress.co.jp/books/1117101057


以上です。
ご興味があればお読みいただけると幸いです。
29 9月

『ソフトウェアグローバリゼーション入門』インプレス版が10/16に発売

10/16にインプレスから『ソフトウェアグローバリゼーション入門:国際化I18Nと地域化L10Nによる多言語対応』が発売されます。


https://book.impress.co.jp/books/1117101057

同書は7月に達人出版会から出版された電子書籍のインプレス版ですが、内容が1章分追加されています。具体的には日本企業でどのようにソフトウェアのグローバル化が実施されているのか、数社にインタビューをしています。
グローバル化を始めたばかりの小規模な事例から、20以上の言語に多言語化している大規模な事例まで含まれています。

そのインタビュー部分は特別にインプレスのメディア「Think IT」に掲載されています(ただし書籍には西野による重要なポイント解説が含まれています)。

・足つぼマッサージ店が業務システムを外販?! グローバル化による新たなビジネス展開
 https://thinkit.co.jp/article/9985
・社内の翻訳用語を自社製ツールで管理、サイボウズ社のローカライズ戦略
 https://thinkit.co.jp/article/9986
・21言語67ヶ国に展開するレシピサービス、クックパッドグローバル化の裏側
 https://thinkit.co.jp/article/9987

今まで日本のIT企業がどのようにソフトウェアをグローバル化しているのか、知る機会はそれほど多くはありませんでした。
ぜひ本書で、グローバリゼーションの基礎と、企業による具体的な取り組みについて参考にしてください。
11 9月

『英語語源が魔術に変わる世界では』がAmazonランキング1位に

9/3に発売したKindle本『英語語源が魔術に変わる世界では』がAmazonのいくつかのランキングで1位になっています。
同書は、語源による英語学習と、ファンタジーSF小説とが融合した内容です。

お読みいただいている皆さま、ありがとうございます。

まずKindle本「英語」部門の新着ランキングでは9/8〜9/11(執筆時点)までずっと1位です。


さらにKindle本「SF・ホラー・ファンタジー」部門の新着ランキング売れ筋ランキングの両方で9/10〜9/11(執筆時点)に1位になっています。


現在、紙版(プリント・オン・デマンド)の出版も検討中です。

-----
追記(2017-10-10)

結局Kindleストアでランキング1位を記録したのは以下の期間でした。

  • 「英語」部門の新着ランキング1位:9/8〜19

  • 「SF・ホラー・ファンタジー」部門の新着ランキング1位:9/9〜10/4

  • 「SF・ホラー・ファンタジー」部門のベストセラー(売れ筋ランキング)1位:9/10〜13


5 9月

語源による英語学習とファンタジーSFとが融合した本を出しました

【補足 10/10】本書がAmazonの各種ランキングで1位を記録しています(記事)。
----------

語源による英語学習とファンタジーSFとが融合したKindle本を出しました。

 英語語源が魔術に変わる世界では
 https://www.amazon.co.jp/dp/B075CVS58L

あらすじ:
数千年後の未来世界。魔術「語源術」の教師エティモは、島全体が敷地となっている学校に赴任する。ある日、術で動作する偶像が暴走し、生徒を襲うという事件に出くわす。
事件の調査を進めるうち、他界した父が研究していた禁断の術の存在を知る。やがてエティモは、王国を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれる……

そもそもこの語源術とは、「語源石」(英単語の語根が物質化)を握りながら接頭辞を思念すると、英単語の意味が具現化する魔術です。
例えば、proceed(前進する)という語源術では、ceedという語源石を握りながらpro-を思念すると、重い車両や石装甲を「前進」させられます。

現在Kindle版のみで、Amazonで販売中です。


19 7月

8/7に『ITエンジニアのための英語リーディング』が発売されます

8/7に私の著書『現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング』が翔泳社から発売されます。

・翔泳社サイト: http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798149493
・アマゾン: https://www.amazon.co.jp/dp/4798149497/



ITエンジニアが読むであろうドキュメントを11種類に分け、それぞれの特徴を解説しています。
長文を大量に読んで基礎体力を鍛えるというより、すぐに役立つリーディングのテクニックを習得できるような内容になっています。

さらに、英語での情報収集テクニックや、得た知識をライティングやリスニングでも応用する方法も解説しています。
また、読者特典として、各ドキュメントで頻出する英単語や表現をまとめたPDFファイルもダウンロードできます。

アマゾンなどですでに予約できます。お読みいただけると幸いです。
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
Twitterアカウント
著書
現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


ソフトウェア・グローバリゼーション入門:I18NとL10Nを理解する
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】