rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

自著/連載

4 9月

「アプリ翻訳実践入門」が10月に発売

私の著書「アプリ翻訳実践入門」が2018年10月に発売となります。

71c0e706f839c05f7422b11400f4aa84-214x300
https://globalization.co.jp/publication/app-translation/

アプリの英日、日英翻訳のテクニックに加え、インターナショナリゼーションなど翻訳に必要な専門知識も解説しています。
上記リンク先で、第1章のためし読みができます。

9/4現在、紙版を予約可能なのは以下のオンライン書店はこちらです。
アマゾン
HMV

なお電子版は達人出版会の電子書籍ストアで販売される予定です。
20 5月

「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」の第5〜6回

連載記事「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」の第5〜6回が公開されています。

basho-title

芭蕉たちは栃木市の「室の八島」を経て、日光東照宮を参詣しています。

【第5回】可能(5)と室の八島
https://globalization.co.jp/english-with-basho/05/

取り上げている英語構文: [無生物主語] [be動詞] available (at/in/for [場所/物]).

【第6回】不可能(1)と日光
https://globalization.co.jp/english-with-basho/06/

取り上げている英語構文: [無生物主語] fail to [動詞].


以上です。
1 5月

「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」の第3、4回

連載記事「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」の第3、4回が公開されています。
どちらも「可能」を示す表現です。

【第3回】可能(3)と旅立
https://globalization.co.jp/english-with-basho/03/

取り上げている構文:[無生物主語] make it [形容詞] (for [人]) to [動詞].

【第4回】可能(4)と草加
https://globalization.co.jp/english-with-basho/04/

取り上げている構文:With [名詞], [人] can [動詞].

芭蕉たちは江戸を旅立ち、草加(埼玉県)まで来ています。
17 4月

「芭蕉と学ぶ英語構文」の第2回

私の連載記事「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」の第2回が公開されています。

【第2回】可能(2)と草庵
https://globalization.co.jp/english-with-basho/02/

title-image

今回は「help」と「let」を使った「可能」の意味を示す表現です。
また、芭蕉は住んでいた住居を引き払い、「おくのほそ道」の旅に出る準備をしています。

以上です。
10 4月

連載「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」が始まりました

会社ブログで「ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文」という連載を始めました。

title-image

「おくのほそ道」の道中で、松尾芭蕉にIT英語を教えるという内容です。
毎週火曜日に更新予定です。

第1回は「可能(1)と『月日は百代の過客』」というタイトルで、可能の意味を表す英語構文を取り上げています。
著書
ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


英語語源が魔術に変わる世界では
『英語語源が魔術に変わる世界では』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】