rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

英語

26 5月

英文の難易度を測る(2)

前回に引き続き、「英文の難易度を測る」の第2回です。

Word Level Checker
http://www.someya-net.com/wlc/index_J.html

染谷泰正氏(現在、関西大学教授)が提供しており、第1回のThe Oxford Text Checkerと同様に各単語の難易度を判定しますが、機能はより豊富です。

使う場合はページを開き、まず解析対象テキストの 1.タイトルと 2.本文を入力します。
3.〜5.まで以下のようなオプションがあります。
WordLevelChecker1

まず3.ですが、これはどの単語リスト(辞書)と比較するかの選択肢です。各リストの詳しい内容は「詳細はここをクリック」から確認していただきたいのですが、簡単に説明するとこうです。
 ・JACET8000: 大学英語教育学会基本語改訂委員会が作成のリスト。8000語で、レベルは8段階。
 ・SVL12000: 株式会社アルクが開発したリスト。12000語で、レベルは12段階。「英辞郎」には単語に「レベル」が付けられているが、それと同じもの。
 ・WLC: 染谷氏作成のリスト。「ビジネス英語の分析用に特化した約35,000語」。
最初はどれを選んで試してもよいでしょう。

4.では大文字と小文字の区別です。通常は「区別しない」でよいでしょう。

5.の「トークンモード」のトークンとは、延べ語数のことです。例えば「That is the phone that I bought yesterday at the store.」という文は11語なので、トークンで「11」になります。一方、「タイプモード」のタイプとは、異なり語数のことです。上記の例文では、thatが2回、theが2回出てくるので、これを重複してカウントしません。そのためタイプでは「9」になります。


それでは、前回と同じ例文を使って解析してみます。オプションは「SLV12000」、「区別しない」、「タイプモード」としてみました。
実行すると、表とともに次のようなグラフも表示されます。どのレベルの単語がどのくらい使われているのか、視覚的に判断できます。
WordLevelChecker2

表とグラフ以外にも、統計情報や読みやすさ(リーダビリティ)の指標も表示されます。またページの末尾に、単語リストを表示させるオプションがあります。
WordLevelChecker3

これを使うと、難易度レベル順(in order of difficulty level)や出現頻度順(frequency order)などで、単語を一覧表示できます。


本チェッカーの実際の使い方としては、例えばまず難易度の高い単語がどの程度あるのかグラフで確認しておきます。その後、オプションで難易度レベル順に単語リストを表示し、難しい語をあらかじめ調べておく、といった方法が考えられるでしょう。

以上です。
16 5月

英文の難易度を測る(1)

リーディングの勉強をする場合など、英文の難易度をあらかじめ把握しておきたいときがあります。簡単すぎても難しすぎても、勉強にならないからです。

英文の難易度を測定できるサイトはいくつかあります。英文を入力し、そこで使われている「各単語の難易度」で計算する方法が一般的です。

◆ The Oxford Text Checker
http://oaadonline.oxfordlearnersdictionaries.com/oxford3000/oxford_3000_profiler.html

Oxford Advanced American Dictionary の難易度に基づいて測定できるサイトです。ページを開くと、以下のようなフォームが表示されます。
oxford1

どの単語リストを使うか、ボタンが3つ表示されています。
 ・Oxford 3000: 同辞書が重要と考える3000語
 ・Oxford 2,000 keywords: その3000語のうち、上位2000語
 ・Academic Word List: 英語圏の大学で遭遇するであろう単語の一覧
通常は「Oxford 3000」を選択すればよいのではないかと思います。

説明によると、
 ・Low intermediate(中級の下)レベルのテキストで、Oxford 3000のほぼ100%
 ・High intermediate(中級の上)レベルのテキストで、Oxford 3000の90〜95%
 ・Advanced(上級)レベルのテキストで、Oxford 3000の75〜90%
が含まれるようです。

例えば、適当なテキストを「Enter the text to check: 」テキストエリアに貼り付けてチェックを実行してみます(その下のテキストエリアは、除外する単語)。次のような結果画面が表示されます。
oxford2


赤下線部分に「89%」とあります。つまり、テキスト中の単語の89%はOxford 3000に含まれているということです。ですから難易度は、上級にぎりぎり入る程度と判断できるわけです。

画像の真ん中あたりに「Words not on the list」という部分があります。ここにはOxford 3000リストになかった単語が表示されています。比較的難しめの単語であると推測できるため、読む前にこのリストを見て知らない単語をチェックしておくと、スムーズにリーディングができるでしょう。


次回は別の難易度測定サイトを紹介します。
23 4月

スタンフォードの無料オンライン・コース「CS 101」講義開始

以前のブログ記事で紹介した、スタンフォード大学が無料で公開しているオンライン・コースの1つが4/23から始まりました。「CS 101」(コンピューター・サイエンス101)です。当初は2月開始予定だったので、随分と遅れていたようです。ちなみに今でも登録できます。

全コースはこちらのリンクから見られます(どちらも最終的なリンク先は同じ)。
 ・Class Central: http://www.class-central.com/
 ・Coursera: https://www.coursera.org/

以前はコンピューター関連など理工系の授業が多かったようですが、それ以外の分野も追加されるようです。人文科学系なら次のようなコースです。
 ・A History of the World since 1300
 ・Fantasy and Science Fiction: The Human Mind, Our Modern World
 ・Listening to World Music
歴史、文学、音楽とさまざまです。社会科学系では例えばこれらです。
 ・Game Theory
 ・Introduction to Finance


◆ 受講の様子

上記のとおり「CS 101」を始めたので、その様子を書いてみます。

登録してログインすると、左側のメニューに、
 ・Home (ホーム画面)
 ・Lectures (講義一覧)
 ・Exercises (課題一覧)
 ・Discussion Forums (掲示板)
 ・Course Howto (受講方法)
などの項目が表示されます。次の画面は、「Lectures」をクリックしたところです。
1_lectures


CS 101では、講義を受けて課題を提出するのが基本的な流れになるそうです。講義ビデオはこんな具合です。
2_lecture

左側が講義の資料で、右下に映っている人が講師です。中央下の「Toggle」ボタンをクリックすると、講義ビデオの再生を一時停止し、資料を読むこともできます。

講義の途中でビデオの再生が自動的に止まり、練習問題が出ることがあります。気を抜けません。
3_exercise


講義を見終わったら、「Exercise」メニューから課題を解いて提出します。

また、英語の聞き取りに自信がない場合、講師の話している内容をテキストとしてダウンロードできます。
4_subtitle-text


単に講義を録画して公開しているわけではなく、このオンライン・コース専用に作られているので、非常に使いやすくなっています。これが無料だとは信じられません。

また、「Discussion Forums」を覗いてみたところ、「Study Groups」という掲示板がありました。どうやら学生の自主勉強会ができているようです。地域別のグループが多く、中でもアジアからの受講者が目立つという印象です。
5_studygroup

無料かつインターネット経由であるため、世界各国から受講者が集まるのでしょう。

「留学したいけど、授業はどんな感じなんだろう…」と思っている人は、まずこういったオンライン・コースを受けてみるのもいいかもしれません。

以上です。
4 11月

テクノロジー系の Podcast で英語を聞く

私はテクノロジー関係の Podcast をよく聞いています。専ら情報収集ですが、英語リスニング力を維持するという目的もあります。

TOEIC 受験にリスニングの練習をしているが、いまいち興味が持てないと嘆いているエンジニアの方々は、テクノロジー関連の Podcast を試してみたらいかがでしょうか。いきなりニュースじゃ難しいという方は、初出から一週間くらい寝かせてから聞くと、背景知識がすでに分かっているので理解しやすいかもしれません。

私がよく聞いているのはこれら 4 つです。どれも 30 分前後くらいの長さで、週 1 回更新です。
ちなみに、iTunes を起動しなくても Web 上でも試しに聞けます。

・New York TImes の Tech Talk
http://www.nytimes.com/ref/technology/techtalk.html

IT ニュースと背景の解説。司会者の掛け合い漫才的なトークもある。


・NPR の Technology Podcast
http://www.npr.org/rss/podcast/podcast_detail.php?siteId=4819382

IT 関連ニュースについて真面目な解説が多い。


・PRI The World の Technology Podcast
http://www.world-science.org/category/technology_podcast/

IT だけではなく、さまざまな技術関連の話題を扱っている。自分の専門外の話だとよく分からないかもしれない。


・Wired の Storyboard
http://itunes.apple.com/podcast/wired-storyboard-audio-podcast/id329499352

こちらも IT だけではなく、恐竜やウィスキーなどさまざまな科学や技術の話題を取り上げている。インタビューが多い。


IT エンジニアであれば、最初の 2 つのどちらかがよいかもしれません。
15 9月

exit の50年史

IT 分野の英文を読んでいると、exit という英単語は「プログラムやアプリケーションを終了する」という意味で、目的語を取る「他動詞」として扱われるケースがほとんどという印象があります。例えば「To exit this program, click the [X] button.」といった説明文です。

2003 年刊(恐らく)の『研究社 新英和中辞典』で調べると、「自動詞」であるという説明があります。IT 分野の用法に関する説明はありません。しかし、最新の単語が掲載される『英辞郎』では自動詞と他動詞の両方が載っています。「《コ》」というのはコンピュータのことなので、IT 分野での用法を示しています。

また、専門的な用語解説でも違います。 1994 年に発行された『コンピュータ英語動詞使い分け辞典』を読むと、自動詞の用例しかありません。逆に 2006 年に発行された『科学技術英語 動詞はこう使え!』では、他動詞の用例しかありません。

つまり時代によって説明に差があり、やや古い辞書や書籍だと「自動詞」扱い、新しくなると「他動詞」としての用法が加わって来ているように思えます。ただ、これは私の印象なので、何の証拠もありません。そこで以前ブログで紹介した「Google Books NGram Viewer」を使ってみることにしました。

exit from the program」(自動詞)と「exit the program」(他動詞)を比較した結果がこれです。1950 年から 2008 年までにおける書籍上の登場頻度を比較しています。

exit


自動詞としての用法(青線)は 1960 年頃から見られ始め、徐々に増えていき、1985 年過ぎた辺りから減少に転じています。他動詞としての用法(赤線)は 1980 年頃から急激に増え始め、1 〜 2 年程度で自動詞の用法を一気に抜き去っています。

要するに、IT 分野における exit という英単語は、1980 年代に自動詞から他動詞に変わったと言えるほどです。そう考えると、上記の辞書や書籍の記述の違いも理解できます。言葉は生き物であることは理解していましたが、これほど劇的に語法が変わるケースも珍しいのではないでしょうか。

ちなみに program を application に置き換えても同じような傾向が見られます(program ほど明らかではありませんが)。
★6/22発売の翻訳書★
血と汗とピクセル 『血と汗とピクセル』
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについてはこちらをご覧ください。
Twitterアカウント
RSS フィード
著書
アプリ翻訳実践入門
『アプリ翻訳実践入門』


ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


英語語源が魔術に変わる世界では
『英語語源が魔術に変わる世界では』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】