rnishino

IT翻訳者Blog

翻訳、英語、ローカリゼーション、インターナショナリゼーションなどについて書いています。

その他

30 1月

今から受講する海外大学の無料オンラインコース

◆ スタンフォード大学の講座

1 月からスタンフォード大学が無料のオンラインコース Coursera を提供する予定だったのですが、何か細かい問題があって 2 月に延期になったというメールが来ました。
そのため、今でも登録を受け付けているようです。基本的に IT 関連のコースが多いです。

 Class Central
 http://www.class-central.com/

すごいのは、コースにもよりますが、宿題や小テストが出たり、掲示板で質問したりできる点です。単にビデオを流しっぱなしではなく、教員や他の受講者とのやり取りができるようです。

ClassCentral


登録するには、コース名(「CS 101」など)をクリックして、移動したページで名前とメールアドレスを入力して「Sign Up」を押します。ちなみに YouTube のアイコンを押すと、コースの概要がビデオで表示されます。


◆ iTunes U のアプリ

私は iPhone や iPad を持っていないので知らなかったのですが、大学などの講義が見られる「iTunes U」のアプリが 1/19 にリリースされたようです。

 iTunes U
 http://itunes.apple.com/jp/app/itunes-u/id490217893

こちらは世界中から数百校以上の大学が参加しているので、ものすごい数の講義が収められています。
Windows の iTunes などからでも視聴できますが、このアプリが使えるなら iPad が欲しくなります。

itunesu


以上です。
21 12月

仕事引退までの〇十年という時間を想像するヒント

最近、年金支給が 68 歳に引き上げられるというニュースがありましたが、政治的な配慮から断念したようです。しかしこのまま国債で予算をまかなうような状況は持続不可能です。早晩財政的に行き詰まり、支給開始年齢は 70 歳などに引き上げられるでしょう。仮に将来 70 歳で引退して支給開始ということになれば、あと何年働くことになるのでしょうか?また、今のままの仕事の仕方で乗り切れるのでしょうか?

私の場合は現在 35 歳なので、70 歳で引退して年金支給開始と仮定すれば、あと 35 年間働くことになります。35 年後、経済や社会がどうなっているか誰にも分かりません。この「35 年という期間」を想像する方法として、35 年前の状況を調べてみました。35 年前と現在とを比較することで、想像してみるのです。35 年前、大卒初任給は 9 万円、為替は 1 ドル 300 円でした。パソコンはやっとアップルIが登場し、インターネットは原形が出来上がった程度で普及はまだまだ先です。
さまざまなものが予想もつかない程度に変わります。果たして 35 年前、数万円で買ったコンピュータの前に座って Skype でテレビ会議をしながら、タブレットを使ってデータを Wikipedia で調べるという仕事スタイルが想像できたでしょうか。


この記事では「〇年という時間の長さ」を想像するために、「〇年前に何があったか」を調べてまとめてみました。私のブログの主読者層だと思われる 25 〜 50 歳まで 5 年ごとに項目を作ってあります。各項目の見出しは「現在△歳の人が引退するまでの〇年という長さ」という形です。引退と年金支給開始は 70 歳と仮定してあります。
時間が経つと産業も変わり、仕事で求められるスキルや能力も変化するだろうと考えているため、「産業の移り変わり」が分かるようなデータを重点的に集めてあります。

最近、42 年間続いたテレビ番組「水戸黄門」が終了することとなりました。実に長い期間に思えますが、28 歳の人が 70 歳になる時間も、42 年間です。28 歳の人が今のスキルのまま 70 歳まで乗り切ろうと思うなら、この「水戸黄門」と同じ時間をしのがなければならないわけです。

引退までの「〇十年」という期間を、過去との比較から想像してみてください。

・注:
 - 大卒初任給は、1985 年まで男子のもの
 - 為替は、対米ドルで、年末のもの
 - 耐久消費財普及率で、ハイフンが入っているセルはデータがない
 - ロングセラー商品は、その近辺の年に売り出され、現在も販売されているもの
 - 長寿番組は、その近辺の年に放送開始され、現在も続いているもの
 - 「何年前?」という項目は、2011 年が基準


◆ 現在(2011 年)の状況


大卒初任給202,000 円
為替78 円
経済成長率3.1 %(2010 年)

・産業別就業者数(2010 年)
第一次(農業、漁業など)4.0 %
第二次(製造、建設など)24.8 %
第三次(小売、サービスなど)70.2 %

・耐久消費財普及率
エアコン89.2 %
カラーテレビ99.6 %
乗用車82.7 %
ビデオカメラ39.9 %
パソコン76.0 %

・主要輸出品の順位(2010 年)
1 位自動車
2 位化学製品
3 位電子




◆ 現在 50 歳の人: 引退まであと 20 年


→ 約 20 年前、1990 年の状況

大卒初任給173,996 円
為替135 円
経済成長率6.2 %


・産業別就業者数
第一次(農業、漁業など)7.2 %
第二次(製造、建設など)33.5 %
第三次(小売、サービスなど)59.4 %


・耐久消費財普及率
エアコン63.7 %
カラーテレビ99.4 %
乗用車77.3 %
ビデオカメラ15.6 %
パソコン10.6 %


・主要輸出品の順位
1 位自動車
2 位電子
3 位化学製品


・ロングセラー商品
品名発売年何年前?
一番搾り1990 年21 年前
オーザック1990 年21 年前
カルピス・ウォーター1991 年20 年前
ラ王(日清)1992 年19 年前


・長寿番組
番組名開始年何年前?
それいけ!アンパンマン1988 年23 年前


・コンピュータ関連
事柄何年前?説明
WWW(ワールドワイドウェブ)1990 年21 年前スイスの CERN でティム・バーナーズ=リーが開発。HTTP、HTML、URI を特徴としている。
Windows 3.11992 年19 年前-
Mosaic ブラウザ1992 年19 年前画像も表示できる Web ブラウザ。マイクロソフトの Internet Explorer はこれを元に開発された。


・その他 1990 年の出来事はこちら



◆ 現在 45 歳の人: 引退まであと 25 年


→ 約 25 年前、1985 年の状況

大卒初任給(男)144,541 円
為替200 円
経済成長率6.3 %


・産業別就業者数
第一次(農業、漁業など)9.3 %
第二次(製造、建設など)33.2 %
第三次(小売、サービスなど)57.5 %


・耐久消費財普及率
エアコン52.3 %
カラーテレビ99.1 %
乗用車67.4 %
ビデオカメラ8.4 %
パソコン-


・主要輸出品の順位
1 位自動車
2 位鉄鋼
3 位電子


・ロングセラー商品
品名発売年何年前?
カロリーメイト1983 年28 年前
カラムーチョ1984 年27 年前
モルツ(サントリー)1986 年25 年前
スーパードライ(アサヒ)1987 年24 年前


・長寿番組
番組名開始年何年前?
志村けんのバカ殿様1986 年25 年前


・コンピュータ関連
事柄何年前?説明
マッキントッシュ1984 年27 年前マウスと GUI を備えたものとしては初めて成功したパソコン。約 2,500 ドル(http://ja.wikipedia.org/wiki/Macintosh)。
IBM PC/AT1984 年27 年前これの互換機が現在もパソコンの大部分を占めて主流になっている(マッキントッシュは互換機ではない)。
Windows 1.01985 年26 年前-
パソコン通信1980 年代半ば25 年ほど前日本でパソコン通信が普及し始める。インターネットはまだ先。


・その他 1985 年の出来事はこちら



◆ 現在 40 歳の人: 引退まであと 30 年


→ 約 30 年前、1980 年の状況

大卒初任給(男)118,138 円
為替203 円
経済成長率2.6 %


・産業別就業者数
第一次(農業、漁業など)10.9 %
第二次(製造、建設など)33.6 %
第三次(小売、サービスなど)55.4 %


・耐久消費財普及率
エアコン39.2 %
カラーテレビ98.2 %
乗用車57.2 %
ビデオカメラ8.6 %
パソコン-


・主要輸出品の順位
1 位自動車
2 位鉄鋼
3 位化学製品


・ロングセラー商品
品名発売年何年前?
マルちゃん赤いきつね1978 年33 年前
うまか棒1979 年32 年前
ポカリスエット1980 年31 年前
ガリガリ君1981 年30 年前


・長寿番組
番組名開始年何年前?
笑っていいとも1982 年29 年前


・コンピュータ関連
事柄何年前?説明
スペースインベーダー1978 年33 年前アーケードゲーム。
IBM PC1981 年30 年前当時巨大コンピュータ会社だった IBM 初のパソコン。アップルが独占していた市場への参入。本体は 1,600 〜 6,300 ドルで何種類かあり、モニタが 4,500 ドル(http://www.geocities.jp/kenjin_keyboard/prehistory1.htm)。
MS-DOS1981 年30 年前マイクロソフトが IBM PC に供給した OS。ここからマイクロソフトの大躍進。


・その他 1980 年の出来事はこちら



◆ 現在 35 歳の人: 引退まであと 35 年


→ 約 35 年前、1975 年の状況

大卒初任給(男)91,272 円
為替305 円
経済成長率4.0 %


・産業別就業者数
第一次(農業、漁業など)13.9 %
第二次(製造、建設など)34.2 %
第三次(小売、サービスなど)52.0 %


・耐久消費財普及率
エアコン17.2 %
カラーテレビ90.3 %
乗用車41.2 %
ビデオカメラ7.9 %
パソコン-


・主要輸出品の順位
1 位鉄鋼
2 位(同程度)船舶
2 位(同程度)自動車


・ロングセラー商品
品名発売年何年前?
明治ブルガリアヨーグルト1973 年38 年前
ポテトチップス(カルビー)1975 年36 年前
ピノ1976 年35 年前
ハッピーターン1977 年34 年前


・長寿番組
番組名開始年何年前?
徹子の部屋1976 年35 年前


・コンピュータ関連
事柄何年前?説明
アルテア 88001975 年36 年前世界初のパソコン(組み立てキット)。マイクロソフト社はアルテア 8800 用の BASIC を開発するところから始まった。約 400 ドル。
Apple I1976 年35 年前-
Apple II1977 年34 年前大量生産される完成品の「パソコン」としてはこれが世界初と考える人もいる。1,300 米ドルほど。


・その他 1975 年の出来事はこちら



◆ 現在 30 歳の人: 引退まであと 40 年


→ 約 40 年前、1970 年の状況

大卒初任給(男)40,961 円
為替360 円
経済成長率8.2 %


・産業別就業者数
第一次(農業、漁業など)19.3 %
第二次(製造、建設など)34.1 %
第三次(小売、サービスなど)46.6 %


・耐久消費財普及率
エアコン5.9 %
カラーテレビ26.3 %
乗用車22.1 %
ビデオカメラ-
パソコン-


・主要輸出品の順位
1 位鉄鋼
2 位(同程度)船舶
2 位(同程度)自動車


・ロングセラー商品
品名発売年何年前?
カール1968 年43 年前
ボンカレー1968 年43 年前
UCCコーヒーミルク入り(缶コーヒー)1969 年42 年前
カップヌードル1971 年40 年前


・長寿番組
番組名開始年何年前?
水戸黄門1969 年42 年前
サザエさん1969 年42 年前
新婚さんいらっしゃい1971 年40 年前


・コンピュータ関連
事柄何年前?説明
ARPANET1969 年42 年前現在のインターネットの起源。
Unix1969 年42 年前-
C 言語1972 年39 年前-


・その他 1970 年の出来事はこちら



◆ 現在 25 歳の人: 引退まであと 45 年


→ 約 45 年前、1965 年の状況

大卒初任給(男)24,102 円
為替360 円
経済成長率6.2 %


・産業別就業者数
第一次(農業、漁業など)24.7 %
第二次(製造、建設など)31.5 %
第三次(小売、サービスなど)43.7 %


・耐久消費財普及率
エアコン2.0 %
カラーテレビ-
乗用車9.2 %
ビデオカメラ3.4 %
パソコン-


・主要輸出品の順位
1 位鉄鋼
2 位船舶
3 位化学製品


・ロングセラー商品
品名発売年何年前?
バーモントカレー1963 年48 年前
かっぱえびせん1964 年47 年前
オロナミンC1965 年46 年前
ポッキー1966 年45 年前
チョコボール(森永)1967 年44 年前


・長寿番組
番組名開始年何年前?
笑点1966 年45 年前


・コンピュータ関連
事柄何年前?説明
IBM System 3601964 年47 年前プログラムを入れ替えることで、あらゆる用途(科学計算用や事務処理用など)に使えるように設計された初めてのコンピュータ。それまでコンピュータは用途に合わせて設計されていたため、別の用途には使えなかった。


・その他 1965 年の出来事はこちら


◆ 参考にしたサイト


・初任給:
 - 大卒初任給の推移
http://www.777money.com/torivia/daisotu_syoninkyu.htm
 - 学歴別にみた初任給|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/11/01.html

・為替:
 - 経済年表
http://www.k5.dion.ne.jp/~consult/c_table_n.htm
 - 円相場 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E7%9B%B8%E5%A0%B4

・経済成長率:
 - 図録▽経済成長率の推移(日本)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4400.html

・産業別就業者:
 - 図録▽産業別就業者数の長期推移(サービス経済化)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5240.html
 - 統計局ホームページ
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/kouhou/useful/u18.htm

・耐久消費財普及率:
 - 図録▽主要耐久消費財の世帯普及率推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2280.html
 - 消費動向調査 結果
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/shouhi.html

・主要輸出品:
 - 図録▽主要輸出品の長期推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4750.html

・ロングセラー商品:
 - goo ランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/013/longtimeseller_foods/p1/
 - ロングセラー図鑑 | まだある。昭和ナビ
http://www.showanavi.jp/archive/

・長寿番組:
 - 長寿番組の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%AF%BF%E7%95%AA%E7%B5%84%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

・コンピュータ:
 - コンピュータの歴史(年表)
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/history_ct.html
 - パーソナルコンピュータ史 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%8F%B2

・その他出来事:
 - ザ・20世紀
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/index.html


以上です。
20 10月

キーワードに合致するニュースを定期的に自動で取得するには

興味のあるニュースだけ読みたい場合、キーワードを指定して Google 検索したあとで「ニュース」を選択するのが通常です。

01_newssearch

ところがこの場合、いちいち自分で検索しなくてはならないので、面倒です。自動的に検索し、結果を取得してくれる方法があれば便利です。これはニュース検索結果を RSS フィードで取得し、リーダーに登録しておけば可能です。


ニュース検索結果ページの最下部にある「RSS」リンクを押せばいいはずですが、なぜか日本の Google だと押してもうまくいきません。

02_rssjp
(上記の「RSS」リンクを押しても、「Google ニュース」のトップページにジャンプするだけ)


このエラーは「Google ニュース英語版」から検索すると、回避できます。英語版に行き、日本語を入れて検索します。

03_usgnews


検索後のページで最下部までスクロールし、「RSS」リンクをクリックします。

04_usresult


するとフィード登録の画面が表示されるので、自分のリーダーを選んで「今すぐ登録」を押します。ない場合はリーダーを追加するか、たぶん右の「フィード」からリンクを取得して自分のリーダーでどうにかこうにかします(この辺はよく分かりません)。

05_rssfeed


Google リーダーで「今すぐ登録」すると次のような画面が出てくるので、再度「登録」をクリックすると完了です。

06_registered


こうしておくと、定期的に検索結果を取得してくれるので、気になるニュースを見逃す可能性も低くなります。
15 10月

Google Earth で眺める昔の東京

Google は Web サイトでよく見かける「Google マップ」という地図とは別に、「Google Earth」という地球儀のアプリケーションを提供しています。こちらはダウンロードしてインストールして使います。

Google Earth では、地図上に地名などの「レイヤー」を重ねて表示できます。このレイヤーの一つに昔の地図があります。つまり、現在と昔の地図とを重ね合わせ、かつてその場所に何があったのかを知ることができるわけです。古地図レイヤーの表示方法はこちらの解説が詳しいです。

古地図は何種類もあり、東京であれば、1680 年、1799 年、1858 年、1892 年が表示できます。江戸初期から明治初期にかけてでしょうか。
01_maps


例えば 1858 年の地図を見てみます。

現在の東京駅の周辺はこんな感じでした。
02_1858-tokyostation

ただ、どうしても測量の精度が関係してくるので、現在の地図と重ねても、ぴったりとはいきません

また、渋谷駅周辺は、田畑でした。「道玄坂」という地名も見えます。
03_1858-sibuya


樋口一葉の「たけくらべ」は、「廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く…」という文で始まります。「たけくらべ」は 1895 年に発表されたので時代は下っていますが、1858 年の吉原を見ると、こんな感じです。
04_1858-yoshihara


赤丸で囲った部分に、小説にも出てくる「大門」があります。また「お歯ぐろ溝」というのは、周りを囲っている堀の部分です。郭内から遊女が逃げられないようにしてあったわけです。吉原の外は「田」や「畑」で、夜になると静まり返った田園の真ん中に煌々と輝く一角が見えたと想像できます。

次に 1892 年の地図を見てみます。

新橋駅はこのようになっていました。
05_1892-shimbashi


当時は新橋から秋葉原まで鉄道が通ってなかったため、品川方面から来ると、新橋が終点でした。現在の東京駅も存在しなかったのです。その代わり、新橋駅から上野駅までは、「馬車鉄道」が通っていたそうです。地図の左下の円がその駅です。しかし品川から赤羽まではすでに鉄道が通っており、(現在の)渋谷駅や新宿駅はありました。当時は渋谷あたりにはあまり人が住んでおらず、鉄道を引きやすかったようです。1925 年に秋葉原と神田の間に線路ができるまで、山手線は環状ではなかったとのことです。

他に、明治の小説に出てきそうな場所が見つかります。御茶ノ水駅の周辺はこうでした。
06_1892-ochanomizu


右下の御茶ノ水駅のすぐ北に、「高等師範学校」や「女子高等師範学校」がありました。これはそれぞれ、現在の筑波大学とお茶の水女子大学です。どちらも別の場所に移転しています。そこから北に行くと、「帝国大学」があります。これは無論、現在の東京大学です。画像の左下には「砲兵工廠」(兵器の工場)とあります。この辺りは現在、東京ドームになっています。


このように、現在と過去の地図を比べてみると、いろいろな発見があります。東京だけではなく、大阪や京都もあるようなので、試してみてください。


◆追記

最後の御茶ノ水駅近辺の 1858 年の地図はこうなっています。
07_1858-ochanomizu

34 年間で、このように変わったことがクリック一つで分かります。
 「学問所」 → 「高等師範学校」・「女子高等師範学校」
 「加州」(加賀藩)の屋敷 → 「帝国大学」
 「水戸殿」 → 「砲兵工廠」

ちなみに 100 年以上経た現在はこうです(こちらは Google マップから)。
08_2010-ochanomizu

 「高等師範学校」・「女子高等師範学校」 → 東京医科歯科大学
 「帝国大学」 → 東京大学
 「砲兵工廠」 → 後楽園・東京ドーム
15 6月

東電管内における最新の電力状況グラフ

更新: データ量が多いので 30 日間の表示は止めました。(2012/1/21)
----------

東京電力管内における最新の電力状況のグラフです。

最新 24 時間、最新 7 日間、最新 30 日間3 2 つがあります。データは定期的に自動で更新されます。
「最大供給量」と「使用量」(共に万kW)をそれぞれ赤線と青線で示しています。線上にマウスカーソルを置くと、日時と数値が表示されます。






Web Services by Yahoo! JAPAN


データは上記リンクの Yahoo JAPAN から自動で取得していますが、エラーなどでうまく更新できていなかったらご容赦ください。

以上です。
筆者について
西野 竜太郎
(Ryutaro Nishino)

翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所・代表社員。日本翻訳連盟・理事。
プロフィールや連絡先などについては会社のウェブサイトをご覧ください。
著書
ソフトウェアグローバリゼーション入門
インプレス刊
『ソフトウェアグローバリゼーション入門』

達人出版会刊
『ソフトウェア・グローバリゼーション入門』


現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング
『IT英語リーディング』


アプリケーションをつくる英語
紙版
『アプリケーションをつくる英語』

電子版
『アプリケーションをつくる英語』
第4回ブクログ大賞受賞】